B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
大晦日
今日は大晦日。この日恒例の「こうもり」の録画でも見て気分を盛り上げたい。といってもYouTubeだけど。1994年10月13日、NHKホールにて収録。アイゼンシュタインを今は亡きヘルマン・プライが、そしてオルロフスキー殿下を極めつけヨッヘン・コヴァルスキーが歌っている。コヴァルスキー様のアリア「私はお客を呼ぶのが好き」は08:00頃から。



妖しくも美しいコヴァルスキー様の独唱の後は、心洗われる宗教曲をどうぞ。天使も大量出演している。特に大晦日やクリスマス・シーズンとは関係ない曲なのだが、詩の内容といい、聴くたびになんだかめでたい気分になってくる曲だ。



Claudio Monteverdi (1567 - 1643)
"Laudate Dominum in sanctis eius" from Selva morale e spirituale
Philippe Jaroussky, countertenor
Ensemble Elyma (direction: Gabriel Garrido)

【歌詞対訳】
Laudate Dominum in sanctis eius.
Laudate eum in firmamento virtutis eius.
Laudate eum in virtutibus eius.
Laudate eum secundum multitudinem,
magnitudinis eius.
Laudate eum in sono tubae.
Laudate eum in psalterio et cithara.
Laudate eum in tympano et choro.
Laudate eum in chordis et organo.
Laudate eum in cimbalis bene sonantibus.
Laudate eum in cimbalis iubilationis.
Omnis spiritus laudet Dominum.
(詩篇150番)

神の聖所で、神をほめたたえよ。
御力の大空で、神をほめたたえよ。
その大能のみわざのゆえに、神をほめたたえよ。
そのすぐれた偉大さのゆえに、神をほめたたえよ。
角笛を吹き鳴らして、神をほめたたえよ。
十弦の琴と立琴をかなでて、神をほめたたえよ。
タンバリンと踊りをもって、神をほめたたえよ。
緒琴と笛とで、神をほめたたえよ。
音の高いシンバルで、神をほめたたえよ。
鳴り響くシンバルで、神をほめたたえよ。
息のあるものはみな、主をほめたたえよ。ハレルヤ。
[PR]
by bonnjour | 2008-12-31 23:35 | 旅する