B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
再び北の地に
年末年始の休暇も終わり、今日は一日かけて北の地に戻る。

マルセイユの空港を昼前に飛び立って、まずはアルザス地方の中心都市、ストラスブールへ。なんでストラスブールかというと、乗り継ぎ便で手頃なのが、それしかなかったという理由。

ストラスブールは雪景色。ちなみにパリも大雪だったようで、この日のパリ発着便は、軒並み運休となっていた。もしパリ経由を選んでいた場合は帰れなくなった可能性が高いわけで、乗り継ぎがストラスブールでよかった。
c0163963_1172280.jpg



ストラスブールの空港では2時間半ほど待つ。ちょうど昼食の時間だったので、空港のレストランで、この地方の名物「タルト・フランべ」と地元ビールのセットを頼む。タルト・フランべは薄手の小麦粉生地に玉ねぎやベーコン、サワークリーム、チーズを載せて焼いたピザ状の食べ物。これはドイツ語圏に入ると「フラムクーヘン」と名前を変える。味は、たぶん、一緒。
c0163963_11113635.jpg



c0163963_11115431.jpg



その後、コペンハーゲンに飛び、それからまた列車で3時間半。自宅に戻ったのは夜11時過ぎ。直線距離にすればさほど遠くないはずだが、地方都市から地方都市への旅行というのは本当に時間がかかる。
[PR]
by bonnjour | 2009-01-05 11:00 | 旅する