B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
古楽オーケストラ受難の時 --- ラ・プティット・バンドを救え!
先日、オランダ在住のレイネさんのブログで、アムステルダム・バロック・オーケストラ(ABO)が政府の助成金を凍結された上、昨今の金融危機で大手スポンサーが撤退し、存亡の危機にさらされている、という記事を拝見したが、今度は隣国、ベルギーのルーヴェンに本拠を置く古楽オーケストラ「ラ・プティット・バンド(La Petite Bande)」が危機にさらされている、というお話。

シギスヴァルト・クイケンが率いるラ・プティット・バンド(1972年設立)は、ピリオド楽器によるリュリ、ラモー、J.S.バッハなどバロック作品の演奏に加え、最近ではハイドンやモーツアルトなど古典派にまでレパートリーを広げ、音楽ファンに親しまれてきた。チェリストの鈴木秀美氏を始めとする日本人奏者もこの楽団で数多く活躍してきたことで、日本のファンにも馴染みが深いオーケストラだ。

そのラ・プティット・バンドに対して、ベルギーのフランドル地方政府の助成金が下りなくなるかもしれないというのが、今回の問題だ。次回の助成金割り当ての選考に先立ち、文化大臣の諮問委員会がラ・プティット・バンドにネガティブな評価を与えたのだという。地元紙「De Standaard」の報道はこちら

そこでフランドル地方政府の文化大臣、ベルト・アンシオー(Bert Anciaux)氏に宛て、この古楽オーケストラの重要性を認識し、諮問委員会のネガティブ評価を再考するよう請願する署名運動がネット上で始まった。==>署名運動のサイト「Save La Petite Bande!」はこちら。私も早速署名した。日本時間2月9日午前7時半現在の署名数は5822名で、本国ベルギーの他、欧州各国、米国、ブラジル、日本を含む世界各国から次々と署名が集まっている。

諮問委員会がなぜラ・プティット・バンドにネガティブな評価を与えたのか、内情は分からないが、昨今の経済危機で国民の生活が苦しくなっている中、一部のインテリの趣味というイメージのあるクラシック音楽、とりわけ愛好者が決して多くはない古楽に政府の助成金を投じるのは納税者の手前、よろしくないということなのかもしれない。しかも北部オランダ語圏と南部フランス語圏の対立で国家分裂の危機にさらされているベルギーのこと、悠長にバロック音楽に耳を傾けている場合ではない、とか、文化予算は南北融和に役立つものに投じるべし、というような思惑があるのかもしれない(単なる想像だが)。

美しい音楽を通して、私たちに夢を与えてきてくれたこのオーケストラが生き残ることを願ってやまない。

↓ ラ・プティット・バンドが本拠を置くルーヴェンの風景。
c0163963_7325899.jpg

[PR]
by bonnjour | 2009-02-09 07:35 | 聴く&観る