B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
阿片の夢想


カミーユ・サン=サーンス作、Tournoiement - 'Songe d'opium' (渦巻き「阿片の夢想」)
Op.26-6 「ペルシャの歌」(1870)より

演奏: フィリップ・ジャルスキー (カウンターテナー)
     ジェローム・デュクロ (ピアノ)

「オピウム(阿片)~フランス歌曲集」(3月25日発売)より。アルバムの公式サイト(英/仏/独)はこちら

フランスの詩人、アルマン・ルノー(Armand Renaud、1836-1895)の詩による歌詞は、阿片の吸引がもたらす幻覚を描いている。「Je tourne, je tourne, je tourne」(グルグル回る、回る、回る....)というリフレインが印象的だ。シャルル・ボードレールやジャン・コクトーなど、阿片に溺れた芸術家は少なくないが、19世紀のヨーロッパでは家庭用鎮痛剤としてのアヘンチンキが普及し、大人が服用するばかりか、夜泣きする赤ん坊をおとなしくさせるために飲ませたという。恐ろしい!(現在でも米国など、処方箋があればアヘンチンキを購入できる国があるが、日本では法律で製造、輸入、譲渡等が厳しく規制されている)。

↓ 「ミセス・ウィンスローの鎮静シロップ」のポスター。「乳歯が生え始めの赤ちゃん用」とあるが、こんな麻薬を赤ん坊の頃から与えられたら、たまったものじゃない。
c0163963_11503022.jpg


【歌詞】

Sans que nulle part je séjourne,
Sur la pointe du gros orteil,
Je tourne, je tourne, je tourne,
A la feuille morte pareil.
Comme à l'instant où l'on trépasse,
La terre, l'océan, l'espace,
Devant mes yeux troublés tout passe,
Jetant une même lueur.
Et ce mouvement circulaire,
Toujours, toujours je l'accélère,
Sans plaisir comme sans colère,
Frissonnant malgré ma sueur.

Dans les antres où l'eau s'enfourne,
Sur les inaccessibles rocs,
Je tourne, je tourne, je tourne,
Sans le moindre souci des chocs.
Dans les forêts, sur les rivages;
A travers les bêtes sauvages
Et leurs émules en ravages,
Les soldats qui vont sabre au poing,
Au milieu des marchés d'esclaves,
Au bord des volcans pleins de laves,
Chez les Mogols et chez les Slaves,
De tourner je ne cesse point.

Soumis aux lois que rien n'ajourne,
Aux lois que suit l'astre en son vol,
Je tourne, je tourne, je tourne,
Mes pieds ne touchent plus le sol.
Je monte au firmament nocturne,
Devant la lune taciturne,
Devant Jupiter et Saturne
Je passe avec un sifflement,
Et je franchis le Capricorne,
Et je m'abîme au gouffre morne
De la nuit complète et sans borne
Où je tourne éternellement.

---Armand Renaud (1836-1895)
[PR]
by bonnjour | 2009-02-28 10:51 | 聴く&観る