B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
3つのプティット・マドレーヌ
先日、フランスのラジオ局「Radio Classique」がフィリップ・ジャルスキーのインタビュー特集番組を流し、その中で彼の思い出の曲を3つ紹介していた。Webサイトの番組紹介には「
les 3 “madeleines”」とあったので、初め見たときは何のこっちゃと思ったのだが、番組のトークを聴いたら、やっと意味が分かった。(番組の再放送はこちらのサイトでまだ聞ける。2月20日18:30~20:00放送のL'invité classiqueという番組をクリック)。

c0163963_6504663.jpg


プルーストの「失われた時を求めて」に出てくる、「主人公がマドレーヌ菓子を紅茶に浸して口に入れたとたん、昔の思い出が鮮やかに甦る」という有名なエピソードに引っかけていたのだ。プルーストの「プティット・マドレーヌ」のように、ありありと昔を思い出させてくれる因縁の曲、というわけだ。ちなみにジャルスキーが挙げていたのは、パガニーニ「24の奇想曲」(演奏:イツァーク・パールマン)、ショスタコビッチ「交響曲第10番」(指揮:カラヤン)、クープラン「ルソン・ド・テネブレ」(演奏:ジェラール・レーヌ)の3曲。詳細はこちらを参照。 

というわけで、自分の「3つのプティット・マドレーヌ」も選んでみた。

【その1】
ジェイムズ・ボウマンが歌う、ヴァルター・フォン・デア・フォーゲルヴァイデ(1170頃~1230頃。下の絵の吟遊詩人)作の「Palästinalied(パレスチナの歌)」。十字軍に加わってパレスチナに赴いた詩人が聖地を実際に見た感動を歌ったものだ。デイヴィッド・マンロウの名盤「十字軍の音楽」に収録されている。このディスクのことは以前のエントリーに書いたが、これが15、6歳頃、初めて聴いたカウンターテナーの声だ。性別不詳の変わった声だけど、こういうの好きだ!と思ったのが第一印象だった。しかし当時は、カウンターテナーは古楽専門の特別な声という印象で、今のようにスター性のある若い世代のカウンターテナー歌手たちが色々なレパートリーに挑戦する時代が来るとは思ってもみなかった。

c0163963_735417.jpg


【その2】
ご存じ、有名すぎるほど有名なグレン・グールドのバッハ「ゴルトベルク変奏曲」(1955年録音版)。高校時代、クラシックおたくの道に入るきっかけとなったディスクだ。そのスリリングな演奏に一度で夢中になった。あまり聴きこんだせいで、他のピアニストの演奏を聴いても「あ、ここで唸り声(歌声?)が入るはず」と反応してしまうのは困ったけれど。入れ込むあまり、楽譜を買って家で「グールドごっこ」を試みたものの、なんとか弾けたのは冒頭の主題のアリア(これは技術的には平易な曲)のみ、というトホホな思い出もある。30の変奏曲を経て最初のアリアが再登場し全曲を締めくくるという輪のような構成になっているが、この曲で衝撃のデビューをしたグールドが、同じ曲の新録音をした翌年に、まるでこの曲の構成をなぞるかのように50歳の若さで亡くなってしまったのには皮肉な因縁を感じた。



【その3】
サン=サーンスのオペラ「サムソンとダリラ」から、ダリラのアリア「Mon coeur s'ouvre a ta voix(あなたの声に心は開く)」。とろけそうな誘惑の歌。旋律はもちろんのこと、フランス語の響きの美しさに惹かれて、家の近所のフランス語教室に駆け込んだ。フランス語はそれまでまったく知らなかったが、発音の仕方を習って、このアリアを真似して歌えるようになればいいなと思ったのだ。それ以来、言葉がちっとも上達していないのは大問題だが、ともあれこの曲がフランス語に興味を持つきっかけになったことだけは確かだ。有名な曲なので色々な歌手が録音を出しているが、私が一番ぐっとくるのはやっぱりマリア・カラス。ソプラノながら深みと暗さをもった彼女の声は、メゾソプラノのために書かれたこの曲にぴったりとくる。



...とはいえ、こちらのクラウス・ノミ版のCDも愛蔵しているのだけれど。


[PR]
by bonnjour | 2009-03-08 07:35 | 聴く&観る