B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ロンサールの「カッサンドルへのオード」
ルネサンス期フランスの詩人、ピエール・ド・ロンサール(1524-1585)の手になる「カッサンドルへのオード(頌歌)」。朝、咲いたと思ったら夕べには朽ち果ててしまった薔薇になぞらえて、若さや美の儚さをうたったものだ。原詩の朗読はこちらで聞ける(リンク先ページ上部の薔薇の写真の右にある「écouter: Cliquez ici pour écouter le livre audio entier」というリンクをクリック)。

Ode à Cassandre

Mignonne, allons voir si la rose
Qui ce matin avoit desclose
Sa robe de pourpre au Soleil,
A point perdu ceste vesprée
Les plis de sa robe pourprée,
Et son teint au vostre pareil.

Las ! voyez comme en peu d'espace,
Mignonne, elle a dessus la place
Las ! las ses beautez laissé cheoir !
Ô vrayment marastre Nature,
Puis qu'une telle fleur ne dure
Que du matin jusques au soir !

Donc, si vous me croyez, mignonne,
Tandis que vostre âge fleuronne
En sa plus verte nouveauté,
Cueillez, cueillez vostre jeunesse :
Comme à ceste fleur la vieillesse
Fera ternir vostre beauté.

-- Pierre de Ronsard

カッサンドルへのオード

恋人よ、みにゆこう、
けさ、あけぼのの陽をうけて
紅の衣をといた、ばらの花
今宵いま、赤い衣のその襞も
あなたににた色つやも
色おとろえていないかと。

ああ、ごらん恋人よ、
何とはかない、バラの花 
大地にむくろをさらすとは!
おおつれない自然  
この花のいのちさえ、
あしたから、ゆうべとは。

だから恋人よ、
ぼくのことばを信じるならば、
水々し、花の盛りのその齢に
摘め、摘め、あなたの若さを、
この花ににて、じきにくる老年に
あなたの美しさも褪せるのだから。 

出典:平凡社 世界名詩集大成 
オード集 ロンサール(窪田般弥・高田勇訳)



この詩にちなんで、ロンサールの名前を冠した薔薇の品種もある。
↓ これが薔薇の「ピエール・ド・ロンサール」。
c0163963_13303689.jpg


↓ でも、詩人のピエール・ド・ロンサールさんは、こんな顔。
c0163963_1343910.gif


この詩には複数の作曲家が音楽を付けているが、ここで紹介するのは女流作曲家の先駆けであるセシル・シャミナード(1857-1944)による「Mignonne」。原詩の第3スタンザにある「Cueillez, cueillez vostre jeunesse」(摘め、摘め、あなたの若さを)のあたりの、急きたてられるような感じが割と好きだ。フィリップ・ジャルスキーの新アルバム「オピウム(阿片)~フランス歌曲集」に収録されている。


[PR]
by bonnjour | 2009-03-09 13:58 | 読む