B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
着物を着てみた
元旦だ。相棒の祖父母の家の昼食に招待された。ウケを狙って、日本から持参した和服を着ることにする。といっても西荻のリサイクル着物店で買ったポリエステル製(自宅で洗濯できるのがポイント)の古着で、同じく古着の帯と、正絹の半襟まで揃えて1万円でお釣りが来た超特価品。着物は深緑色の小紋、帯は金銀のラメ糸で鶴やら松やらが刺繍してある派手なもので、外国人には喜ばれそうだ(紬なんかの渋くて上品、かつ高価な着物は、日本文化に特に興味があるわけでもない外国人にはハードルが高すぎるだろう)。半幅帯なので、ゆかたの時に結ぶ「文庫」という簡単な結び方で着られるのも嬉しい。

が、自分で和服を着るのは初めてである。出国前に買ったハウツー本(写真)と首っ引きで、1時間かけて着付け終了。かなり怪しい着付けだが、これ以上改良の余地がなさそうなので、そのまま出かけることにした。
c0163963_2223376.jpg


昼食の席で、着物姿は予想以上に好評を博した。時間をかけて準備した甲斐があった。が、お正月の祝いの席ということで、伊勢海老やらキャビアやら、ご馳走が並んだのに、帯が苦しくて、あまり味わって食べることができなかった。残念。

帰宅して、すぐにジャージに着替えたことは、言うまでもない。
[PR]
by bonnjour | 2005-01-01 22:01 | 旅する