B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ドイツでは豚肉を生で食べるって、本当ですか? 答え:本当。
c0163963_22214569.jpg

ドイツの、特にライン川沿い地方の冬限定の珍味に「Mett(メット)」というのがあると聞いていた。これは、加熱していないソーセージの中身、ひらたくいえば生の豚ひき肉にスパイスを混ぜたもので、パンの上にペーストのようにして塗り、上から玉葱の刻んだものをふりかける。

ガイドブックには「勇気のある人は、試してみては?」などと書いてあるが、必要なのは勇気でなくて食い気だけである。

近所のスーパーの精肉部で量り売りしていたので、早速買ってみた。玉葱を刻んでふりかけると、ちょうど「ネギトロ」のポーク版みたいな、こってりと豊かな味が口の中に広がった。これは美味しい。相棒にも勧めたのだが、「そんなゲテモノ」といって断固として口をつけようとしない。カエルやカタツムリ、納豆に「もずく」と、何でも食べる相棒にしては臆病である。

実は今日Mettデビューする前に、気になって食品衛生関係のサイトを色々覗いてみた。日本ではE型肝炎や寄生虫の危険性から豚の生食はタブーになっている。しかし、衛生観念が世界一発達しているはずのドイツで大々的に売られている食品だし、「Mettで食中毒XX人入院」なんていうニュースも聞かないので、まあ大丈夫だろうと考え、デビューにこぎつけた。食い気、恐るべし!
[PR]
by bonnjour | 2005-02-09 22:20 | 暮らす