B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
移民局で滞在許可証の交付を受ける
朝一番でボン市の移民局に滞在許可証の申請に行く。実は1月に一度行ったのだが、提出書類の一環として持参したフランスの役所発行の書類にドイツ語の翻訳を付けていなかったため、出直しとなった経緯がある。今回は、フランス大使館指定の法廷翻訳家によるドイツ語訳をたずさえて、いざ出発。

移民局は、ボンの中心部からライン河を超えたボイエルという地区にあり、東京でいえば湾岸の倉庫地帯みたいな雰囲気だ。ボンに一定期間以上滞在する外国人は皆この建物に行かなくてはならないわけだが、到着直後にこんな寂れた場所に呼び出されると、ボンの街に対してのイメージが悪くなるのでは、と余計な心配をしてしまう。

そういえば、東京の入国管理局も品川に新庁舎ができたが、周囲のロケーション的にはボンに匹敵する寂れ方だったなあ。いずこも同じ、か。

(写真)日本国パスポートの下にある書類が、交付された滞在許可証。
c0163963_22261784.jpg

[PR]
by bonnjour | 2005-02-14 22:25 | 暮らす