B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
フランスの移民局にて
フランスに来ている。フランスの滞在許可証の交付に先立って、移民局で行われる健康診断と面接に呼び出されたためだ。c0163963_021764.jpg

移民局はマルセイユの町の、ちょっとだけ中心部からはずれた地区にある。健康診断は胸部X線撮影と、医師の問診および血圧測定。問診で予防接種の履歴について聞かれた。フランスでは大人も10年おきに3種混合ワクチン(破傷風、ポリオ、ジフテリア)の追加接種をするそうで、大人になってから何の接種もしていない私は、日を改めて追加接種をするよう指導された。3種混合ワクチンって、日本ではお子様にするイメージがあったので、ちょっとびっくり。接種は、地域の「予防接種センター」に行くと無料で受けられるそうで、社会保障の手厚いフランスのことだけある(フランスは日本に比べると税金が桁違いに高いので、当たり前といえば当たり前)。

面接は、滞在許可を申請している人物が、フランスに害を及ぼす人間でないかどうかをチェックするもの。フランス語ができないと「おとといおいで」と言われるのではと心配になったが、面接官は英語をまじえて質問してくれたので、ほっとした。自分が人品卑しからぬ人間であることを一生懸命アピールして、無事に面接が終わった。

滞在許可証の入手まで、あと一息。このあと、日を改めて、地中海に臨む軍港、トゥーロンにある県庁に出向いて交付を受けなければならない。なんだかんだで、時間と交通費がかさむ作業である。

ところで、健康診断時に予防接種についてのパンフレット(写真)をもらったのだが、これがフランス語をはじめとして8ヵ国語で書いてある興味深いもの。英語、中国語、ロシア語、ポルトガル語、アラビア語までは素性がわかったが、フランス語が妙になまったような不思議な言語が、どうやらフランス語から派生したクレオール語であることに気付くまで5分くらいかかった。旧フランス植民地でクレオール語を生活言語とする人たちが多数、移民として流入するのだろう。残りの1言語は、いまだにどこの言葉かわからない。
[PR]
by bonnjour | 2005-06-30 00:20 | 旅する