B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
旅グルメ その1:地元産の果物
夏は果物が美味しい。フランスで、地元産の果物を満喫した。
c0163963_0494385.jpg
写真中央のメロンは相棒の実家の村で採れたカンタロープ種で、オレンジ色の果肉。小型ながら甘みが強く、ジューシーだ。メロンの手前はネクタリンで、相棒の祖父母の家の庭で採れたものをおすそ分けしていただいたもの。このネクタリン、まだ若い木ながら、びっしりと実がついて、食べきれないほど収穫できたという贅沢な話。日本で買えば、1個100円くらいはするだろうと思わずソロバンをはじく。

メロンの左にあるのは西洋梨で、これも祖父母の庭から直送。ネクタリン同様、採れすぎて困っているそうだ(助けに行ってあげたい)。メロンの向こう側には、地元産ではないが、アボカドが飛び入り。ディップを作ろうとスーパーで買ったのだが、まだ熟していなかったため、熟れ熟れの果物の側に寝かせて熟成を急がせている次第。
[PR]
by bonnjour | 2005-08-19 00:48 | 旅する