B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
展覧会:ゴッホからボイスまで
ボンの通称「ミュージアム・マイル」にある国立美術館で「ゴッホからボイスまで」と題した展覧会をやっていたので、観にいった。私が行ったのは夕方だったが、水曜日は夜9時まで開館していることもあり、かなりの大盛況だ。c0163963_20593963.jpg

ふだん現代美術関係の催し物にはほとんど行かない私だが、実はボンに引っ越してきた時に住民登録をした市役所で、市内の主要博物館・劇場等の無料招待券一式をもらっていたので、それを活用したというわけ。この招待券、色々取り混ぜて30枚ほどの冊子になっており、新住民に無料進呈してくれる。なんと太っ腹なことか。日本に比べて税金が高いだけのことはある。

で、展覧会の内容だが、面白い!と思うものもあれば「うーむ」と頭を抱えてしまうものもあった。そういやヨーゼフ・ボイスはそろそろ没後20年になるのですね(年齢のせいか、時間の流れが近頃、とみに早くなっているような気が...)。

ともあれ、いつもは中世・ルネサンス・バロックあたりの古びた美術を愛でている目には、色んな意味で新鮮な展覧会であった。
[PR]
by bonnjour | 2005-09-21 20:58 | 聴く&観る