B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ドイツ版「鉄の女」が首相に
日本は体育の日で3連休。ここドイツは9月18日の総選挙から混乱が続いていた次期首相の選定問題に決着が付き、保守政党CDUの党首であるアンゲラ・メルケル女史が、これまでの中道左派・シュレーダー首相になりかわって首相に就任することで合意がなされた。c0163963_2123189.gif

このメルケル女史、西ドイツ生まれで、少女時代に牧師のお父さんの赴任に従って東ドイツに移住、ずっと東で教育を受けて物理学者となり、1989年のベルリンの壁崩壊後に政治の世界に足を突っ込み、あれよあれよというまにブレイクした方である。

で、やり手の女性政治家ということでドイツ版「鉄の女」ともいわれるのだが、彼女が首相を務める新政権は、党首をつとめるCDU+CSUの保守連合と、今まで与党だった社会民主党(SPD)が共存する大連立となるので、その舵取りは困難をきわめるだろうというのが大方の声だ。

首相を引き受けたからには、失業問題や景気回復策など、山積みの問題に果敢に取り組んでいただきたいが、本家本元の鉄の女さんのように強硬手段に訴えるのはやめてほしいと思う。
[PR]
by bonnjour | 2005-10-10 21:01 | 暮らす