B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
画家アウグスト・マッケ
今月末でボンを離れるにあたり、今まで行っていなかった地元の美術館や名所を訪ねまくっている。

車でいつも通る通りの傍に「アウグスト・マッケ・ハウス」というのがある。ここはボンで創作活動を行ったドイツの表現主義の画家、アウグスト・マッケ(1887-1914)が数年暮らした家で、今は彼の個人美術館になっている。ボンの近代美術館にもマッケの作品が多数展示されており、なんだか「おらが町の誇り」といった扱いなので、ボンを去る前にマッケ・ハウスにも寄ってみようと思った次第。

今まで知らなかったのだが、マッケという人は、第一次世界大戦に従軍して27歳の若さで戦死している。マッケ・ハウスの最上階は彼のアトリエが保存されているが、なにやらこの夭折の画家の気配が今でも漂っているような雰囲気を感じた。「もっと創作したかった」という彼の無念の気持ちが、まだこの部屋を支配しているのか...。

(写真下)マッケ・ハウスの壁を覆っていたツタは、ちょうどいい具合に紅葉していた。
c0163963_21125658.jpg

[PR]
by bonnjour | 2005-10-28 21:11 | 聴く&観る