B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
旅へのいざない
「L'invitation au voyage(旅へのいざない)」という、フランスの声楽曲の中ではけっこう「定番」といえる作品があって、同名のボードレールの有名な詩にデュパルクという作曲家が曲をつけたものなのだが、私の中で旅行の虫がうずきだすと、この曲がテーマソングのようにどこからともなく聞こえてくる。

もっとも、この詩の内容は「愛するきみ(女)とともに遠い美しい国に行って、そこで愛し合い、死ぬまで一緒に暮らすのだ」というロマンチックなものだが、私の旅の場合、こうした駆け落ち願望は全くない。

というわけで昨夜突然思い立ち、この週末を利用して、今住んでいるミュンスターから列車で2時間あまりのハンブルクと、その先のリューベックに行くことにした。ハンブルクとリューベックは、ともにかつてのハンザ同盟の主要都市であり、歴史的遺産が山ほどある観光地だ。

とりわけリューベックは、トーマス・マンが生まれ育った場所で、彼の作品「ブッデンブローク家の人びと」や「トニオ・クレーゲル」の舞台ともなっている。中学生の頃、「トニオ」を読み、大げさにいうと人生観に大きな影響を受けた私としては、いちどはリューベック詣でをしたいと長年思い続けてきた。このたび思いがけず、ミュンスターという近場に引っ越してきたのも、何かの縁だろう。今のうちにリューベック詣でをしなければ、一生行くチャンスがないかもしれない。

というような思い入れは、出不精の相棒には通用せず、「ハンブルク?リューベック?何しに行くの?そーんな、遠いところ!」と誘いを却下されたので、今回は気ままな一人旅である。

ドイツ国鉄では週末によく大幅に割り引いたチケットを期間限定で出しているため、ウェブサイトで調べたところ、ハンブルクまで往復39ユーロ(約5,500円)という格安のものがみつかった。通常料金の半額以下である。幸先の良いスタートだ。チケットの入手は、駅の切符売り場に行くこともなく、ウェブサイトから必要事項を入力しクレジットカード決済すると、自分のPCでオンラインチケットが印刷できる。これは便利だ。

ホテルもネットでリーズナブルな部屋が予約できた。昔なら、ガイドブックのホテルリストを見ながらあれこれ電話をかけまくり、そのくせ言葉の壁に突き当たって挫折するところだったかもしれないが、ネットというのは実に便利だ。ネットの出現により、個人旅行はどれほど楽になったことか。...と感慨にふけるのも、旅の期待感を盛り上げる味付けのひとつ。

それでは、「旅へのいざない」を胸に、行ってきまーす。

(写真:リューベックのシンボル、ホルステン門)
c0163963_2212244.jpg


[PR]
by bonnjour | 2006-03-31 22:00 | 旅する