B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
人影が消えた町(ワールドカップ初日)
金曜の夜なので、久しぶりに外食することにして、大学の近くのピッツェリアに行った。相棒がこの間、大学のセミナーの後に皆で食事に行った店で、美味しかったというので二人で行ってみることにした次第。

アパートから店まで、住宅街の中を抜けて15分ほど歩いたのだが、金曜の夕方というのに、道には人っ子一人いないという状態。

なんだろうなー。

窓を開け放したある家から、テレビのスポーツ放映の音と、ライブの歓声が聞こえてきて、やっと理解。

そういえば、初日でした、今日が。相棒も私も、サッカーには全く興味がないので、うっかり忘れていました。

到着したピッツェリアも、テレビのない店内はひっそりとして他のお客さんがいない。かろうじてテーブルが埋まっているのは、隣のアイスクリーム屋(どうやら同じ経営者がやっているらしい)の店先に出したテレビが見える、オープン・テラス席だけ。お店のウエイターさんたちも、なにやら試合動向が気になって、気もそぞろという感じである。

注文したシーフード・ピザとゴルゴンゾーラ・ピザは期待にたがわず、美味しかった。食後にサービスで出してくれたグラッパも、こってりしたピザの後ではとりわけ味わい深かった。

でも、こんな日は宅配ピザでも頼んで、家でテレビにかじりつくのが、あるべき姿なのかもね。
[PR]
by bonnjour | 2006-06-09 22:02 | 暮らす