B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
フランスの香り(でも、ちょっと臭い)を直送
週末をはさんでフランスの実家に里帰りしていた相棒が帰ってきた。

お土産は、フランス産チーズあれこれ。
c0163963_2284442.jpg
なかでもアルザス・ロレーヌ地方名産の「ミュンスター」というチーズ(写真の、右側にあるオレンジ色の縁の円形チーズ)は、強烈に臭い。ミュンスターといえば、我々が住んでいるこの町と同じ名前だが、このチーズはれっきとしたフランス産だ。(ミュンスターとは、ドイツ語で「大聖堂」を意味する)

臭いんだけど、コクがあって病み付きになる美味しさだ。このチーズのせいで、冷蔵庫に沢庵みたいな匂いが充満していることは、いただけないのだが。
お土産その2は、南仏名物のにんにく。
c0163963_229180.jpg

ドイツでは、なかなか美味しいにんにくが見つからない上、フランスに比べて値段も高めなので、フランス行きのついでに買い込んでもらった次第。

このまま台所の飾りに使いたくなるような、堂々とした出来映えで、風格すら感じさせる。

こんな「臭い」お土産をかついで、格安航空会社のeasyJet便で帰ってきた相棒。「フランス発の路線は、ナンダカ臭い」という評判が立っていないといいが。
[PR]
by bonnjour | 2006-06-28 22:07 | 暮らす