B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
パリ旅日記 その4 ハマムでアングルの世界にひたる
今日のメインイベントは、A子、S子と私の女性陣がパリのイスラム教寺院(モスク)に付属したハマム(トルコ式蒸し風呂)で入浴し、その後、A子のご家族も加わって、同じくモスクに付属するレストランで北アフリカ料理を食べる、というもの。
c0163963_2171172.jpg
このハマムは曜日によって男女の入浴日が決まっている。旅行の計画を立てるときに女性の入浴日を調べておいた。

入り口で入浴料を払って、いざ突入。ちなみに入場料と垢すり、10分間のオイルマッサージがセットになったコースで37ユーロ(約5400円)と、結構なお値段。それでも、パリの別の高級ハマムは同じようなコースが60ユーロくらいするらしいので、リーズナブルな価格設定といえるかも。私たちは、これに食事が付いたコース、57ユーロを選ぶ。

内部はアングルの名画「トルコ風呂」(写真上)の世界。蒸気でかすむ薄暗いイスラム風建築の風呂場に、半裸の豊満な女たちがしどけなく横たわるという図式。

ガイジンが日本の銭湯に入るときに戸惑うのと同様、勝手がわからず一部挙動不審の気味もあったが、蒸気で全身をふにゃふにゃにした後の垢すりとマッサージは、まさに「極楽」だった。
c0163963_2174217.jpg


付属のレストランで食べたクスクス。ラムの串焼きと野菜のクスクスのセットで、程よく焼けたラムの香ばしさがじっくり煮込んだ野菜とよく合った。

ここはイスラム教寺院がやっているレストランなので、アルコール類はご法度。ペリエを頼んだが、湯上りの身体には発泡性の飲み物がよく合って美味しかった。

最後に出てきたのが、アラブ菓子。大皿に盛り合わせたお菓子から、好きなものを1個選ぶという方式。
c0163963_2175815.jpg


これが、甘い、甘い。お酒が飲めないアラブでは、嗜好品として男性でも甘いお菓子を山のように食べるというが、大量の砂糖とドライフルーツ、そして油を多用したアラブ菓子は、1個で(日本人の)食事1回分のカロリーを補ってしまいそうだ。

とはいえ、同じ「激甘」でも、アメリカあたりの大味な砂糖の塊のようなお菓子よりは、こちらのほうがずっと美味しいと感じるのは、エスニック料理好きの私の偏見だろうか。
[PR]
by bonnjour | 2006-08-07 02:16 | 旅する