B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
日本では終戦記念日だけれど
c0163963_2136521.jpg日本は終戦記念日だが、フランスを初めとするカトリック国(ドイツでもカトリックの多い州は同様で、ミュンスターやボンも休日だ)は「聖母被昇天の祝日」で休日。小泉首相の靖国参拝がどうなったか、知る由もなく(フランスの地上波TVでは、日本のニュースは地震くらいしか入ってこないのだ。相棒の家のダイヤルアップ接続では、私のノートPCもつなげないし)、のんびりした休日を過ごす。

午後、相棒の両親の新居の進行具合を見に、今の家から 10分ほど離れた場所まで行く。築何百年という古い廃屋を買って、義父が数年かかってコツコツと修理してきた家だ。一番初めに見たときには、骨組みとむき出しの床、壁だけがある構築物だったのが、今では美しいタイル貼りの床に真新しい扉や窓が付き(写真右上)、浴室や台所の機器も据え付けられた。股関節の故障で近ごろ歩行が困難な義母のためにガレージから寝室まで直行できるエレベーターまで備えている。これが日本で大事故を起こした「シンドラーのリフト」でないことを確認して、とりあえずホッとする。

台所にも、真新しい機器がセットされた。
c0163963_21363334.jpg

これが家庭用エレベーター。「シンドラーのリフト」でなくて、一安心。
c0163963_21365110.jpg

[PR]
by bonnjour | 2006-08-15 21:30 | 旅する