B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
デュッセルドルフのカラヴァッジオ展
c0163963_2254784.jpg英国王室の倉庫にあった古い(ボロボロの)絵がカラヴァジオの真筆であることが最近わかって話題になっているが、デュッセルドルフのMuseum Kunst Palastでドイツでは初めてというカラヴァッジオの大々的な作品展が開かれているので、片道2時間かけて見に行った。

美術史家ロベルト・ロンギ(1890 1970)の「彼(カラヴァッジオ)無しにはリベラも、フェルメールも、ジョルジュ・ド・ラ・トゥールも、レンブラントも存在しなかったであろう。また、ドラクロアや、クールベや、マネの作風は違ったものになっていただろう」という言葉を掲げた今回の展覧会(英語のタイトルは"CARAVAGGIO, On the tracks of a genius”)は、彼の作品およびコピーを40点集めた大々的なもので、とりわけ同じ構図の作品を、真筆とされるものとコピーを対比するような形で展示しているのが興味深い。

それにしても、大変な人出。入館したのは午後3時頃だったが、あまりの入場者の多さに入り口で入場規制するありさま。東京の美術展の混雑ぶりには慣れているが、ヨーロッパの美術館でこんなに混んでいるのを初めて見た。

結局、会場を2周して作品を堪能したが、終わりのほうはクタクタになった。名画というのは見る者のエネルギーを吸い取るものなのか、久しぶりの雑踏で疲れたのか、いまひとつ不明だが。
[PR]
by bonnjour | 2006-11-25 22:05 | 聴く&観る