B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
年越しの宴会
c0163963_22235333.jpg大晦日の夜は年越しの宴会。近所に住む相棒の祖父母を招いて、ささやかな宴を催す。

ご馳走は、スモークサーモンなどを載せたカナッペと、地元の職人さん手作りのハムやパテ類の盛り合わせ、フォアグラなど。こうして見ると、日本のおせち料理と違って、野菜が足りないなあ(実は野菜不足で、フランスに来てから体調がイマイチ)。

c0163963_22241266.jpgミスマッチではあるが、ちらし寿司も作った。秘蔵の「玉乃井すしのこ」を使った寿司飯に、具はスモークサーモン、イクラ(スーパーのキャビアのコーナーで瓶詰めを発見)、カニカマ(フランスでは「Surimi(摺り身の意か?)」という名称でオードブル用に売っている)、アボカド、薄焼き卵(味醂がなかったので砂糖とシェリー酒でごまかす)。

この種の料理は「米を使ったサラダの一種」として受け止められるせいか、相棒の両親と祖父母はフランスパンと一緒に食べ出す。どう考えても、甘酸っぱいちらし寿司と香ばしいフランスパンを一度に賞味するのはやばいと思うのだが...。まあ、日本にも「焼きそばパン」というやばい食品があるので、他人のことは言えない。
[PR]
by bonnjour | 2006-12-31 22:22 | 旅する