B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
真夜中のドンチャン騒ぎ
休日の前になると近隣でパーティというか、ドンチャン騒ぎがよく起こる。夜中の2時過ぎまで音楽が鳴って談笑が聞こえてくるのであきれてしまう。私は地震が起きても気がつかないほど熟睡するタイプなのでまだいいとしても、眠りが浅い人はさぞかし迷惑だろう。

昨夜は隣の建物で夜中の1時頃にパーティが最高潮に達したのか、ロック・ミュージックを流しながら歌いだす声が聞こえ、うるさいなと思ったら別のアパートからその騒音に抗議してドンドンドンと壁を叩く音が聞こえてきた。こちらはパーティの騒音と抗議の壁叩き音のダブルパンチだ。

生活音に対して非常に厳しいドイツから、何事ものんびりしたデンマークに引っ越してきて、当初はほっとしたのだが、真夜中のパーティの騒音はやりすぎだ。騒がしそうなフランスでさえ、夜10時を過ぎたら騒音は禁止という社会ルールがある。ましてやドイツで真夜中にこの音楽が鳴ったら、怒った隣人が確実に警察を呼ぶだろう。こんな夜中にあんな音出していいの?と、なんだかこちらがハラハラしてしまう。


[PR]
by bonnjour | 2009-06-14 05:49 | 暮らす