B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
エディンバラ旅行記 その1 「レゴランド」空港から一路エディンバラへ
我が家からバスで1時間半ほどの場所にビルン(Billund)空港がある。ここはデンマークが誇る一大観光地「レゴランド」の最寄空港として有名な場所(行ったことはないけれど)。

このビルンから格安エアラインのライアンエアーで一路エディンバラに飛ぶ。お菓子のくずが散らばった座席や極限まで縮めたシートピッチなど、いつもながら乗合バスより劣るかもしれない快適さだが、たった1時間半の旅なのでさほど気にならない。着地すると「パンパカパーン」というファンファーレが鳴って「またもや当社の便は時間通りに到着しました」との自画自賛アナウンスが流れたので笑いが広がる。ともあれ無事に到着してよかった。

今回は1カ月ここに出張している相棒のアパートに泊るので、入国審査のときに根掘り葉堀り聞かれるのではと心配したが(その時のために相棒の受け入れ先からのメールのコピーなど用意したのだが)、割とあっさりと審査を通過する。

空港から市内までリムジンバスで25分ほど(往復チケット6ポンド)。大陸とはまた違った独特な街並みと可愛らしい建物に旅心が刺激される。沿道にはパブの数多し。考えてみればデンマーク内で空港までたどり着くのに1時間半、そこからエディンバラまで飛ぶのに1時間半と、空港まで行ってしまえば後はあっという間だ。

市内中心部にあるWaverley駅で相棒と待ち合わせて、まずは彼が先週から滞在している家具付きアパートに向かう。エディンバラ城のふもとという絶好のロケーション。昔は豪華だっただろう部屋がちょっとくたびれて、あまり掃除が行き届いていないけれど、ここで掃除魔の本性を発揮すると休暇にならないので気にしないことにする。

近所のパブで早速地元のエール(フルーティな絶品)を堪能してから、相棒の共同研究者で今回ここに彼を呼んでくれたEさんおよびその教え子2人とディナー。小さなネパール料理のレストランで、手頃な料金で美味しい料理がたっぷり出てきた。イギリスではエスニック系のレストランに行くに限る。ブラジル人女性らしく、いつもラテンな雰囲気を発散しているEさんが、一番飲んで一番喋った。

↓アパートから見えるエディンバラ城の昼と夜。
c0163963_20281194.jpg


c0163963_20284360.jpg


[PR]
by bonnjour | 2009-07-08 20:24 | 旅する