B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ナクソス・ミュージック・ライブラリーにNaïveレーベルが加わっていた
通信状態がいまひとつ不安定なので、うっかりすると1週間くらいご無沙汰しているナクソス・ミュージック・ライブラリー(NML)(これではモトが取れないね)に、7月24日からNaïveとその傘下のレーベル(「Ambroisie」「Auvidis」「Opus 111」)が加わった。朗報だ。

本日現在ではNaïveで20タイトル、Ambroisieが14タイトル、Auvidisが20タイトル、Opus 111が20タイトルとまだまだ数が少なくて、Opus 111でスタートしてNaïveに引き継がれた名物プロジェクト「Vivaldi Edition」のNaïve移行後のタイトルは含まれていないが、これから順次追加されていくと嬉しい。

Vivaldi EditionはフランスのフォトグラファーDenis Rouvreによる美麗写真のジャケット(下記が実例。今年1月に発売されたオペラ「La Fida Ninfa」)でパッケージ購入の意欲を大いに誘っているが、ちょっと聴いてみたいと思ったタイトルが今後NMLで気軽に聴けるのならありがたい。

c0163963_23232366.jpg


というわけで、さっそくNMLでOpus 111レーベルからサラ・ミンガルドの歌うヴィヴァルディ/ヘンデル:声楽作品集(リナルド・アレッサンドリーニ指揮コンチェルト・イタリアーノ)を聴いている。いつ聴いてもシビレる低音だ。
c0163963_23382996.jpg
[PR]
by bonnjour | 2009-07-26 23:07 | 聴く&観る