B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
夏休み帰省日記 その8 帰路はロンドンを経由して
夏休みの帰省も終わり、デンマークに戻る日がやってきた。往路と同様Ryanair利用だが、今度はトゥーロン空港からロンドンのスタンステッド空港を経由し、オーフスに降り立つというルート。相変わらず距離的には無駄なルートだが、直行便がないので仕方ない。

トゥーロン空港は海水浴場の片隅にある、小さな飛行場。建物は新しくて立派だが、発着する便が少ないので真夏のハイ・シーズンというのに閑散としている。
c0163963_1853869.jpg

ちょうどお昼時だったので出発前にフランス滞在最後の食事を、と思い空港のレストランで「本日の定食」のポークソテーを食べたが、1皿料理で10ユーロと割高なのに超ガッカリの味だった。街中のレストランと違い、競争のない空港の飲食店は(高速道路もしかり)たとえフランスであっても要注意だと反省。
c0163963_18552994.jpg


スタンステッド空港では待ち時間が3時間弱あったので、空港ラウンジでPCを開き、翌日夜が締め切りの仕事を内職。普段より集中できて効率が上がったのは夏休みのリラックス効果か、はたまた傍らの冷えたビールのおかげか?
c0163963_1905927.jpg


[PR]
by bonnjour | 2009-08-10 18:44 | 旅する