B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
季節はずれの隅田川クルーズ
用事があって都心に出かけたついでに浜松町に足をのばし、日の出桟橋から隅田川クルーズの遊覧船に乗る。実はこのルート、昔から好きで何度か乗ったことがある。日の出桟橋から浅草まで、約40分のクルーズで760円とお手軽価格の観光だ。

こんな季節の平日だから、乗る人はまばら。さびしいというよりは、空いていてうれしい。
c0163963_1024914.jpg


c0163963_1065580.jpg

移転問題で揺れている築地市場。

c0163963_1063442.jpg

浅草に到着するまで、12の橋をくぐるのだが、その一つ一つの造形を見ているだけでも面白い。

c0163963_1093738.jpg

隅田川沿いに建つ古巣のオフィス@日本橋箱崎町、を遊覧船から眺める。今ごろ元同僚たちはあのビルの中で仕事中だなとノスタルジーにひたる間もなく、船は通り過ぎた。

c0163963_10103184.jpg

遊覧船が到着したのは吾妻橋のアサヒビール本社のすぐそば。隣接するアサヒビール吾妻橋ホールは、フィリップ・スタルク作の巨大な黄金色のオブジェ(別名、大きなウ〇チ)が有名だ。

c0163963_10182952.jpg

せっかく来たので(と言い訳して)、アサヒビール アネックス1階のカフェで「隅田川ヴァイツェン」という特製ビールを飲む。カフェの室内の煙草の煙が苦手なのでテラス席にいたら、テラス席のお客へのサービスということで、温かいカップスープを無料で出してくれた。

c0163963_1019034.jpg


[PR]
by bonnjour | 2009-11-24 09:57 | 旅する