B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
天と地の間に


サンドリーヌ・ピオーが昨年の秋にリリースしたヘンデルの宗教的&哲学的アリア集「Between Heaven and Earth(天と地の間に)を、遅ればせながら聴いた。1曲目の「Disserratevi, o porte d’Averno」(オラトリオ『復活』HWV47より)から、重力をまったく感じさせない、天まで舞い上るような声の超絶技巧にぶっ飛んでしまう。ものすごいテクニックではあるが、胃もたれしそうな押しつけがましいところがないのが彼女の不思議なところだ。アルバムの冒頭と最後にイタリア語のアリアを置き、それ以外は英語の作品をもってきた構成も面白い。フランス語話者特有の、少々舌足らずで奇妙な柔らかさを感じさせる英語のディクションも、英語を母語としない私のような者にとっては違和感どころか、かえって心地よく響く(フレンチ・マジックというやつね)。

没後250年の記念の年となった昨年はヘンデルの作品に再び光が当たった感があったが、彼がソプラノという声種に託した「神々しさ」や「天の声」といったイメージを表現するのに、ピオーのちょっと人間離れした清浄な声ほどふさわしいものはないだろう。

アルバムには1曲だけ二重唱(オラトリオ『快活の人、沈思の人、温和の人』HWV 55より”As steals the morn upon the night")が含まれており、そこにテノールのトピ・レティプーが参加している。これがまた、地上のものとも思えない美しさで、二人の声のケミストリー(相性)の妙を感じる。

Handel, Between Heaven and Earth

【アルバム曲目】
1. La Resurrezione | Aria ‘Disserratevi, o porte d’Averno’
2. Theodora | Recitative ‘O Thou bright Sun!’
3. Theodora | Aria ‘With darkness deep as is my woe'
4. A song for st cecilia’s day | Aria ‘What passion cannot Music raise and quell’
5. Messiah | Aria ‘Rejoice greatly’
6. Theodora | Largo
7. Alexander Balus | Aria ‘O take me from this hateful light’
8. Alexander Balus | Recitative ‘Forgive, O queen’
9. Alexander Balus | Accompagnato ‘Calm thou my soul
10. Alexander Balus | Aria ‘Convey me to some peaceful shore’
11. Joseph and his brethren | Recitative ‘Art thou not Zaphnath? Is not Egypt sav’d?’
12. Joseph and his brethren | Aria ‘Prophetic raptures swell my breast’
13. L’allegro, Il penseroso, ed Il moderato | Duet ‘As steals the morn upon the night’ *
14. Solomon | Symphony (‘The Arrival of the Queen of Sheba')
15. L’allegro, il penseroso, ed il moderato Accompagnato | ‘First and chief on golden wing’
16. L’allegro, il penseroso, ed il moderato Accompagnato | Aria ‘Sweet bird'
17. Concerto Grosso in B Flat Major, op.3 no.2 | Largo
18. Samson | Aria ‘Let the bright seraphims'
19. Il Trionfo del Tempo e del Disinganno | Accompagnato ‘Pure del cielo’
20. Il Trionfo del Tempo e del Disinganno | Aria ‘Tu del Ciel ministro eletto'


Sandrine Piau (soprano)
Accademia Bizantina + Stefano Montanari (premier violon et direction)

* with Topi Lehtipuu (tenor)
[PR]
by bonnjour | 2010-02-14 08:58 | 聴く&観る