B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ストックホルム1.5泊の旅日記 1日目Part2 パーセルの夜は更けて
c0163963_7194097.jpg
公式写真より

フィリップ・ジャルスキーと彼が結成した古楽演奏団体「アンサンブル・アルタセルセ」による、ヘンリー・パーセル(1659?-1695)作品のみのプログラム。今年のストックホルム古楽フェスティバルは、このコンサートで幕を開けた。

器楽合奏によるヘ長調のソナタ(Z793)に引き続き、ステージ前方に進み出たジャルスキーが歌い出したのは「Tis Nature's voice」(「聖セシリアの日のためのオード」より)だ。クリーミーでいて透明な声が、北国の古い教会の堂内に立ち昇り、ふんわりと消えていく。今日、この場にいられる幸せを心から感じた一夜だった。

Stockholm Early Musice Festival
June 9, 2010
"A Purcell Night"

Philippe Jaroussky, contre-ténor
Ensemble Artaserse:
Luis Beduschi, flûte
Margret Görner, flûte
Alessandro Tampieri, violon 1
Raul Orellana, violon 2
Christine Plubeau, viole
Richard Myron, basse de viole
Claire Antonini, théorbe
Yoko Nakamura, orgue et clavecin

【プログラム】
Sonata in F major (Z793)
'Tis nature's voice
Strike the viol
Viol solo after "Crown the altar"
Not all my torments
O solitude
Sonata in G minor (Z806)
Wondrous machine
Sweeter than roses
All the night

=== Intermission ===

Sonata in B minor (Z802)
An evening Hymn
Lovely Albina
Chaconne for solo flute in G minor (Z730)
Bid the virtues
Music for a while
Sonata for violin in D major (Z801)
O let me weep
See even night

=== Encore ===
If love's a sweet passion








コンサートが終わり、帰り支度をしていたら出口のところに何やらスウェーデン語の掲示が出ていた。英語と乏しいデンマーク語の知識から類推すると「コンサート後にジャルスキー氏がどこそこでサイン会やります。どなた様も参加歓迎」と書いてあるようなので、これ幸いと会場である教会敷地内の別棟に向かった。スウェーデン人はシャイで無口なのか、サイン会はお通夜みたいな静けさで始まったのだが、2、3人にサインした後でジャルスキーが「うーん、今日はすごく静かだね!」と言ったので一同は爆笑。そこから空気が和んだ。

2週間前のマドリッドに続き、今度はストックホルムにやってきた私を見つけて彼は「えっ、どうしてあなたがここに!!」と驚いた様子だったので、自分はデンマークに住んでいるからストックホルムは近場で、初のパーセル・プログラムをどうしても聴きたくて飛んできたと説明した。歌詞のひとつひとつが、とても心に響いたと感想を言ったら、顔をぱっと輝かせて「ありがとう!」。

1週間ほど前まで「ポッペアの戴冠」の公演に没頭していたので、その直後にパーセル・プログラムを開始するのは頭の切り替えが大変だったとのこと。年末にヨーロッパ各地で予定されているアンドレアス・ショルとのジョイント・コンサートでもパーセルを集中的に取り上げるので、今はパーセル作品に熱中しているそうだ。ゆくゆく、5~7年後くらいにはディスクを出せるといいなと言っていた。

コロラチューラの技巧を聴かせるヴィヴァルディやヘンデルのアリアが本領だと思われがちな彼だが、本当はパーセル作品のような内的世界を表現する音楽(昨年ディスクを出したフランス歌曲も、その系統である)を志向していることが、言動の端々からうかがえる。音楽マーケティングの観点で要求されるレパートリーと、自らが目指す芸術性の間で、なんとか上手にバランスを取ろうとしている姿が感じられた。


地元TV局による音楽祭のレポート。

↓ 開場の前。ドイツ教会の門の前には長蛇の列ができた。というのも会場が教会という構造上、座席は2つのカテゴリー内で自由席となっていたからだ。並んでいる聴衆に音楽祭スタッフがプラスチック・カップに入ったサイダーを配ってくれたのは嬉しい心配り。

c0163963_732488.jpg

↓ 幕間にステージ近くまで行って美しい楽器をしばし眺めた。

c0163963_7345618.jpg
↓ コンサート終了後。夜の11時半過ぎだが、空はうっすらと明るい。

c0163963_7364717.jpg
↓ こういう夜は、まっすぐ帰宅したくない。ホテルのすぐ近くのカフェでワインをひっかけて帰った。

c0163963_7374835.jpg

[PR]
by bonnjour | 2010-06-09 20:16 | 旅する