B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
年末帰省日記 その2:雪のため、ニース行き飛行機はなかなか飛び立たず
コペンハーゲン空港近くのホテルで朝を迎えた。雪が降っている。本当は今頃、相棒の実家で南仏の太陽とともに爽やかに起床したはずなんだが。今日の飛行機が無事に飛んでくれるか、ちょっと不安が胸をよぎる。

昨日の飛行機乗り遅れ事件を反省して、ホテルを早めに出て空港に向かった(といっても空港は、たった700メートル先なんだけど)。新たにチケットをとったNorwegian Air Shuttleは格安航空会社だからか、乗客の数に比べてチェックインカウンターの数が少ない。朝8時前というのにすでに長い列ができている。その列がなかなか進まないのは、荷物預けで重量オーバーのトラブルを起こしている乗客が多いせいなのか、朝はいまひとつやる気が出ない係員が多いせいなのか、不明。

こんな調子じゃチェックインするまでに1時間くらいかかるのではと心配し始めたころに、係員が「オスロ行き、オスロ行きのお客様はおられませんか~~っ。もうすぐ締め切りますので、今すぐカウンターにお越しくださ~~いっ」と叫びだした。オスロ行きは私たちのフライトの約1時間前に出る。出発時間が迫った乗客は、こうやって列を飛ばしてカウンターにたどり着くわけだ。長蛇の列の乗客をさばくテクニックに、ちょっと感心してしまった。

さて、ニース行きのチェックインは無事に済んだのだが、雪のせいで出発時刻が遅らされ、機内に乗り込んだ後もしばらく待機状態が続き、ニースに着いたのは予定時刻の3時間半ほど後だった。相棒の実家は列車の通っていない僻地ゆえ、義父が空港に車で迎えに来てくれたのだが、延々と待たせることになって本当に申し訳ないことをした。それにしてもニースは暖かい。空港に到着したときは小雨が降っていたのだが、寒波に見舞われたコペンハーゲンから来ると、春みたいなものである。

c0163963_147869.jpg

↑ 雪まみれのコペンハーゲン空港。こんな状態で運航を維持するのは本当に大変だと思う。
[PR]
by bonnjour | 2010-12-23 01:05 | 旅する