B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
夜行列車で空港へ。体力勝負の引っ越し
デンマークからドイツへの引っ越し当日である。相棒は日曜の早朝5時半に、引っ越し荷物を満載した自家用車でドイツめがけて出発した。一方、車に積みこめなかった荷物を持って飛行機で移動する私は、今まで住んでいた大学の宿舎を掃除し(律儀な日本人なので、こういう場面では掃除に熱が入る)、忘れ物がないか戸棚の中を最終チェックした。夜11時という変な時刻に地元駅を出るコペンハーゲン空港行きのインターシティに乗るまで、時間はたっぷりあるが落ち着かない。

↓ 熱が入った掃除の成果。なんだか退去するのがもったいなくなる。
c0163963_7531652.jpg
コペンハーゲンからケルン/ボン空港まで、片道70ユーロというgermanwingsの格安便(ただし諸経費を入れると結局90ユーロ近くになるのが、この手のビジネスの常套手段だ)を買ったはよいが、出発時刻が朝の8時台だった。当日朝に自宅を出るのでは、到底間に合わない。かといって前日入りして室料がバカ高いコペンハーゲンのホテルに泊まるのも、格安航空便を使う意味がなくなってしまう。というわけでエコノミー派の私に残された選択肢は夜行列車ということになる。体力勝負だなあ。

c0163963_8102731.jpg

午前3時過ぎ、コペンハーゲン空港駅に到着(上の写真)。同じことを考えている旅行者が続々とホームに降り立つ。これから4時間ほど、20キロのスーツケースを抱えて時間をつぶさなくてはいけないのは気が重いが、持参したホットコーヒー入り魔法瓶とiPodに入れた音楽と本とで、退屈な時間をなんとかやり過ごした。ちなみに「The Guide to Sleeping in Airports 」という、空港で夜明かしする人のクチコミ・サイトでは、コペンハーゲン空港の評判は上々だ。デンマークの治安が全体的に良好なこともあるが、確かに明るく機能的で、セキュリティもきちんとしている空港だ。そのあたり、怪しさ満点の早朝のパリ、シャルルドゴール空港(成田発のエールフランスの夜行便が早朝4時過ぎに到着するので日本人にはお馴染み)とは対照的。

↓ 空港内のセブンイレブン前のベンチ群が夜明かしに最適。24時間営業なので終始人通りが絶えず、安心して過ごせる。手前のカートの右端に載っているのが寒い季節の旅の友、魔法瓶。
c0163963_8155587.jpg
飛行機に乗るまでは体力と忍耐力が必要だったが、朝10時過ぎにケルン/ボン空港に到着した後は楽ちん。車で迎えにきてくれた相棒に荷物を託し、その日の午後は新しいアパートで昼寝というには長すぎる睡眠をとった。
[PR]
by bonnjour | 2011-02-27 07:23 | 暮らす