B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
イタリア旅日記: ベネチアに着いた
パリからeasyJetの激安便でひとっ飛び、ベネチアに着いた。ホテルはバス・ターミナルになっているローマ広場から徒歩圏なので、マルコ・ポーロ空港からはバスに乗った。乗車前に切符を買い、バスの中で刻印しようとしたが、うんともすんともいわない。運転手さんが乗り込んできたので、機械が動かないとイタリア語で言ってみたが(この台詞はイタリア旅行に必須なので覚えている)見事にスルーされた。イタリアに来た!という実感がわく瞬間である(笑)。仕方ないので、そのまま乗る。

c0163963_17525977.jpg


c0163963_17533366.jpg

ローマ広場のそばにあるスーパーで飲料水など買いこみ、ホテルに向かう。レビューで「とにかく見つけにくい場所にある」と書かれていた通り、番地が飛んでいる上にベネチア特有の狭い路地の先にひっそりと位置していたが、奇跡的にすぐ見つけることができた。

シーズンオフなので、シングル1泊40ユーロという激安料金だが、これがハイシーズンになると250ユーロまで上がると、部屋に掲示された料金表にあった。実はベネチア行きを決めたとき、経済的ホテルでも1泊150ユーロ程度するのではと覚悟していたのだが、シーズンオフにこれだけ値引きしているとは嬉しい驚きである。今まで、ベネチアにはハイシーズンにしか来たことがなかったので、その相場が刷り込まれていた。

c0163963_17595585.jpg


ベネチアは、どう写真を撮っても絵葉書風になるのが良いところでもあり、悪いところでもある。これはホテルの近くの運河。

c0163963_183622.jpg

ホテルに着いたのが午後4時過ぎで、観光を開始するにはちょっと遅めだったが、夕方6時まで開いているサンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ聖堂に行ってティツィアーノやジョヴァンニ・ベッリーニらの聖母像(こうした大画家の作品が競作という感じで並んでいるのは壮観だ)、ドナテッロの洗礼者ヨハネ像(傑作!)などを鑑賞する。こうした作品は、聖堂の中で見るのが一番なのは、日本の仏像と同じだ。

c0163963_1883313.jpg


c0163963_1885254.jpg

夜のサンマルコ広場にも行ってみたが、とにかく寒い。シベリア寒気団のせいだろうか。でも、ホテルも飛行機も激安の冬のベネチア。寒いのは仕方ないのかもしれない。
[PR]
by bonnjour | 2012-01-30 17:39 | 旅する