B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
水上の古楽まつり
c0163963_2243837.jpg


8月19日の日曜日、東京湾に浮かべた船を貸し切りにして古楽好きが集うという、なんとも洒落た催し物に参加した。集まったのは、Twitterの古楽クラスターの皆さん。実現したのは、ひとえに幹事であるリュート弾きのkkさんのハードワークと、運営に協力した有志の皆さんのおかげだ。楽しくも風流なひと時が過ごせて、心から感謝します。

ちなみにkkさんと私は、在籍時期は大幅に違うものの(私がずっとずっと古い)、同じ大学で音楽学のK教授に師事した仲間。といっても私は単に好きだから音楽史のクラスに出没していただけなので、この分野を専攻し、今でも情熱を持って勉強を続けているkkさんに比べたら、私の知識や理解なんて、まことにお粗末なものである。

↓ この60フィート・クルーザー「フェニックス・クィーン」が会場。主催者の熱心な宣伝活動の甲斐あって、定員一杯の50人もの参加者が集まったので、船室は大賑わいになった。飲み物は運営会社のスタッフがサーブしてくれて飲み放題。色とりどりのおつまみは参加者が持ち寄りで、夏らしくスイカも。
c0163963_22385058.jpg

↓ クラヴィコードって船に持ち込めるんだと驚くやら感激するやら。クラヴィコードの他にも幹事のkkさんが愛用のリュートを持ち込み、さながらバロック時代の船遊びみたいだった。揺れる船の中で、通りすがりに大事なクラヴィコードに生ビールをぶちまけては大変と緊張したが(ちょうど、飲み物を受け取って席に戻る途中にクラヴィコードが鎮座しているのである)、そんな事故も起こさずに会を終えることができて、よかった。なお、開催直前から開催後の様子については、こちらが詳しい。
c0163963_22433745.jpg

[PR]
by bonnjour | 2012-08-31 23:35 | 暮らす