B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
パリ郊外にやってきた
連れ合いが4月半ばまでパリ郊外に滞在しているので、合流するため日曜日にパリに着いた。滞在先は、Institut des Hautes Études Scientifiques(IHÉS)という数学と理論物理学の研究所で、所在地はパリ郊外といってもエソンヌ県という別の自治体に属する。パリ中心部から郊外列車に乗って40分ほどの田園地帯で、印象としては都内から下り電車に乗り、秩父あたりの小さな村に迷い込んだみたい。滞在者は研究所に付属する宿舎に入居できるので、宿探しや生活用品持ち込みの面倒がないのは有難い。1年ほど前にも滞在したことがあるので、勝手が分かっているといえばそうだが、今回はちょっとした違いが…。

↓ 1年前に滞在した部屋。山小屋風というかイケア風な素朴なインテリア。
c0163963_1225525.jpg

↓ 今回あてがわれた部屋。上記と同じ建物にあって床面積は同じだが、中国家具と螺鈿細工の壁絵が存在感を主張するオリエンタル趣味の部屋。香港あたりのホテルにいるような気持ちになってくる。
c0163963_1235134.jpg

なぜか、私たちが入居した部屋だけ最近改装を行い、高価な中国家具を入れたのだという。それで、連れ合いが到着したときには施設管理担当者が立ち会って、家具のチェックを行った。出て行くときに傷がついていたら弁償しなくてはならないということで、たかが机ひとつ使うにも、おっかなびっくりである。

↓ 居室は豪華仕様の改装を施されたものの、ダイニングは取り残されたように素朴なままだ。そして前回滞在した部屋には4つ口のコンロと大型オーブンが備え付けられた立派な台所があったのに、この部屋ときたら、2つ口コンロの簡易キッチンでオーブンがない。美味しい食材の宝庫フランスに来て、この装備は…ちょっと悲しい。いや、立派なホテル風の部屋をあてがわれたのだから、感謝しなくちゃいけないが。
c0163963_14085.jpg


↓ 最寄り駅の駅前にある教会。右側の石碑は、二度の世界大戦で戦死した地元出身者を顕彰するモニュメント。
c0163963_146429.jpg



↓ ご近所は、こんな風景。ヤドリギの生えた木を見ると、北国に来た感じがする。
c0163963_1513024.jpg

[PR]
by bonnjour | 2013-02-05 00:54 | 暮らす