B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
親戚が集まってクリスマスイブ
相棒の実家に親戚が集まり、総勢10人でクリスマスイブのディナーを開く。
今日のディナーから始まって、明日は同じメンバーで昼と夜に御馳走を食べまくるという、胃袋耐久レースの始まりだ。c0163963_21502285.jpg


フォアグラやパテ、パイ皮に詰めた魚介類のクリーム煮など、カロリーの高そうなものが並び、自分の肝臓がフォアグラ化していく感じがする。クリスマスが終わったら粗食にしよう...。 相棒の、年の離れたイトコであるセドリック(12歳)とバチスト(6歳)というのが、フランス風美人の母親とイタリア系の濃い顔をした父親の遺伝子がほどよく混じって西洋名画に出てくるような可愛い顔(右に挙げた、スペインの画家ムリーリョの作品みたいなルックス)をしている上に、礼儀正しい子供たちなので、毎年クリスマスに会うのが楽しみだ。
c0163963_22115319.jpg

去年まではお子様テーブルが別に設けられて、そこに押し込められていたが、今回は総勢の人数が少なかったので大人と同じテーブルについた。大人の会話を邪魔したり周囲を走り回ったりせず、おとなしく座っているのには感心する。ヨーロッパでは犬と子供の躾は厳しいというが、その通りみたい。

今年はクリスマス・プレゼントに、それぞれ子供用手品セットとスポーツ用具をクリスマス・プレゼントにもらい、大喜び。セドリック少年(名前が「小公子」だ!)が、さっそく手品を披露してくれたので、大げさに驚いてみせてあげました。
[PR]
by BONNJOUR | 2007-12-24 22:09 | 旅する