B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ガレージ歌手が全世界にデビュー?
色々な歌手が歌うバロック・オペラの名曲をYouTubeで聴き比べするうちに、妙に気になるお方を発見した。



"Caldo sangue" from "Sedecia, Re di Gerusalemme" by Alessandro Scarlatti

このスキンヘッドの中年男性、米国在住のYouTubeハンドルネーム「twalker742」さん(52歳)である。

ヘンデル、ポルポラ、パーセルといったバロック作曲家による、今ではカウンターテナーの主要レパートリーになっている作品をYouTubeで検索すると、アンドレアス・ショル、フィリップ・ジャルスキー、デヴィッド・ダニエルズといった人気歌手に交じって必ずといっていいほど彼の動画がヒットするのだ。舞台はご自宅のガレージやリビングルームなど。生活感あふれる場所でカラオケをバックにバロックの名曲を熱唱している。

聴いてみると、ルックスに似合わず(失礼!)可愛らしいカウンターテナーの声をお持ちで声量もある。技術的には愛好家の趣味の域にとどまっているが、バロックの声楽曲が大好き!という熱い気持ちが伝わってくる。そして何より、YouTubeという媒体を使って全世界に自分の歌唱を発信し、各国のユーザーからフィードバック(その大半は「感動した」「素晴らしい」という励ましの言葉だ)をもらうという、YouTubeのコミュニケーション機能をうまく生かした使い方をしているのがよい。

もちろん、このお方↓(収録当時、21歳)の歌唱と比べたりするのはルール違反!



Philippe Jaroussky sings "Caldo sangue" from "Sedecia, Re di Gerusalemme" by Alessandro Scarlatti
[PR]
by bonnjour | 2008-08-26 18:41 | 聴く&観る