B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
おらがの村の隣町にブラピ&アンジー一家が引っ越してきただ!
南フランスに居を構えたブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー一家が、住民に等しく支給される児童手当の受給資格を得た(彼らが実際に申請するかは不明)、という芸能ニュースを見て「おっ」と思った。

なぜ「おっ」と思ったかというと、彼らが住民登録をしたのがB市という、相棒の生まれ故郷の村の隣にある、その地域では行政の中心になっている自治体(人口1万6,000人)だからだ。相棒の村には出産のできる病院や小学校以外の学校がなかったため、相棒が生まれたのも、高校に通ったのも、このB市である。我々の結婚式の披露宴もB市でやった。

c0163963_2215594.jpg


特に何があるというわけでもない、典型的な南仏風の街並みが続く静かな場所(上の写真)だが、マイナーだと思っていたB市が、ハリウッドの大スターの目に止まったとは愉快だ。芸能人のメッカ、カンヌやニース、サントロペなど有名観光地から車で2~3時間ほど内陸部に入ったところにあるので、パパラッチに追いかけられることなく静かに暮らせる場所として選んだのかもしれない。

もっともブラピ&アンジーのカップルが住んでいるのはB市の郊外にあるシャトー(いわゆる「お城」ではなく、ワイン醸造を行うブドウ畑付きの大邸宅)だ。写真を見ると、広大な敷地に囲まれて、いかにもセキュリティとプライバシーが守られそうな感じ。調べたら、このシャトーの前の持ち主はジャズ・ミュージシャンのジャック・ルーシェ(バッハをジャズで演奏したのが有名ね)で、邸宅内には彼が作らせたレコーディング・スタジオもあるとか。そういう芸能つながりの物件だったわけか。納得。
[PR]
by bonnjour | 2008-09-01 23:06 | 暮らす