B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
秋にぴったりの?嘆き節集
c0163963_022990.jpg



いきなり妖しさが炸裂のジャケットだが、真面目なバロック声楽曲の新譜だ。17世紀に流行った「Lamento」(嘆きの歌:複数集まるとアルバム・タイトル通り「Lamenti」ね)というジャンルのアリアを、女流指揮者のエマニュエル・アイムのもと、当代の人気歌手たちが歌っている。

私はモンテヴェルディの有名な「アリアンナの嘆き」くらいしか知らなかったが、17世紀の人たちはこういう嘆き節の出てくるオペラやマドリガルを聴いて、現代人がTVのメロドラマに涙するのと同じようなカタルシスを味わっていたのだろうか。ともあれ、物思いにふけるのが似合う秋にはぴったりのディスクだ。

この手の企画ものは選曲と人選が勝負という感じがするけれど、このディスクは「アリアンナ」や、同じくモンテヴェルディの「オルフェオ」「ポッペアの戴冠」など有名どころから、女流作曲家バルバラ・ストロッツィの作品など、マイナーなものまでとりまぜて、歌っているのもロランド・ヴィラゾン、ナタリー・ドゥセ、フィリップ・ジャルスキー、パトリツィア・チョーフィなど、今元気のいい人たちばかりで、なかなかワクワクさせてくれる企画だ。

発売元のEMIでも、このディスクの宣伝には力を入れてるようで、発売前日(9月28日)にはこんな↓プロモーション・ビデオをネット配信した。(前宣伝につられて、リアルタイムで視聴してしまった私)



このビデオを見てもわかる通り、指揮のアイム女史はインタビュー記事の見出しに「Emmanuelle Haim: Beauty and the Baroque」なんて書かれるくらいにお美しい人。プロモーション・ビデオのネット配信など、ビジュアルも活用した販促活動を展開する現在の音楽産業では、音楽的才能に加えてビデオジェニックな容姿も大事だと思ってしまう。

【曲 目】

・カヴァッリ:D'Hipparco, e di Climene(エジストの嘆き)(「エジスト」): ロランド・ヴィラゾン(テノール)

・モンテヴェルディ:太陽神がまだ世界に昼を(ニンフの嘆き)(「戦と愛のマドリガル曲集(第8巻)」): ナタリー・ドゥセ(ソプラノ)、サイモン・ウォール(テノール)、トピ・レーティプー(テノール)、クリストファー・パーヴェス(バリトン)

・ストロッツィ:L'Eraclito amoroso(「カンタータ、アリエッタと二重唱」): フィリップ・ジャルスキー(カウンターテノール)

・モンテヴェルディ:われを死なせたまえ(「アリアンナの嘆き」): ヴェロニク・ジャンス(ソプラノ)

・ランディ:Superbe colli: クリストファー・パーヴェス(バリトン)

・モンテヴェルディ:さらば、ローマよ(「ポッペアの戴冠」): ジョイス・ディドナート(メゾ・ソプラノ)

・カヴァッリ:Acate, Ilioneo(エネアの嘆き)(「ディドーネ」): トピ・レーティプー(テノール)

・カリッシミ:Ferma, lascia ch'io parli(マリア・スチュアルダの嘆き): パトリツィア・チョーフィ(ソプラノ)

・チェスティ:Dure noie(アタマンテの嘆き)(「L'Argia」): ローレン・ナウリ(バス・バリトン)

・カヴァッリ:Alle ruine del mio regno(エクバとカッサンドラの嘆き)(「ディドーネ」): マリー=ニコル・レミュー(アルト)、パトリツィア・チョーフィ(ソプラノ)

・モンテヴェルディ:わが生命なる女よ、君死にて(オルフェオの嘆き)(「オルフェーオ」): ロランド・ヴィラゾン(テノール)

演奏:ル・コンセール・ダストレイ
指揮:エマニュエル・アイム
[PR]
by bonnjour | 2008-10-05 01:04 | 聴く&観る