B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
2005年 01月 15日 ( 1 )
安売りスーパーに買い出し
近所のスーパーでミネラルウォーターを買ったところ、1.5リットル入りで140円位の値段がついていて、ドラッグストアで2リットル安売り98円、という日本のミネラルウォーターに慣れた私は、ちょっとびっくりしてしまった。ドイツって、日本より食品の物価は安いはずじゃなかったっけ?

で、調べたところ、住宅街などにある通常のスーパーのほかに、街道沿いなどに車で乗り付けることを前提とした大型の安売りスーパーがあり、食品・日用雑貨などは通常のスーパーより格段に安いことがわかった。

そこで今日は安売りスーパーへの買出し。スーパーのウェブサイトにあった道案内をもとに車を走らせること15分。ありました。Lidlという多国展開しているスーパーだ。ミネラル・ウォーターのコーナーに突進。プライベート・ブランドの水が通常スーパーの6分の1の値段だ。喜び勇んで1ダース半、購入。ワインやチーズといった加工品が安いだけでなく、野菜や肉などの生鮮食料品も安い。こういった店は、仕入れ値同然の安値で商品を売るかわり、そこで生じた巨大キャッシュフローを利用して資金運用で利益をあげるそうだ。そういうビジネス・モデルもありなのね。

こういった郊外型スーパーは、車がないと来るのが難しい。バスで来たとしても、大量に買った水・食品・トイレットペーパーなどで身動きができなくなってしまう。ドイツに来たばかりの移民の人など、車をもっていない人は、歩いていける高めのスーパーに行くしかないわけで、大変だなあと思う。
[PR]
by bonnjour | 2005-01-15 22:14 | 暮らす