B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
2006年 06月 14日 ( 1 )
町は熱狂しています(ワールドカップ)
c0163963_2235831.jpg


ワールドカップ開催の年に、たまたま開催国に居合わせるという幸運に恵まれたわけだが、あいにく私も相棒も、サッカーを含めて「スポーツ観戦」には全く興味のない人間。豚に真珠、猫に小判状態のここ1週間である。

今日、夕食後に家の近くにある湖まで散歩に出かけたら(この季節は夜10時過ぎまで薄明るい)、湖畔にある大学食堂の前に大きな特設スクリーンが設けられていて、ドイツ対ポーランドの対戦を上映中だった。試合地は、ここミュンスターから1時間もかからないドルトムントとのこと。

スクリーン前は、休日の新宿アルタ前に匹敵するぐらいの(といったらイメージが沸くだろうか)人込みができていて、試合の流れに合わせて歓声が沸き起こる。近くではビールの移動販売やら、記念品の売店が出ていて、ビジネスにも抜かりがない様子。

ドイツが勝ったので、夜中まであちこちで放歌高吟が鳴り止まず、騒音にうるさいドイツでも、ワールドカップ期間中だけは例外なんだと、なんだかおかしかった。
[PR]
by bonnjour | 2006-06-14 22:03 | 暮らす