B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
2008年 08月 04日 ( 1 )
80年代にタイムスリップ
今日の仕事のお題は80年代バブル期の東京の回想(英訳)。ディスコの「マハラジャ」チェーンやら、原宿にあった「Club d」やら、「DCブランド」ブームやら、懐かしい話のオンパレードで、タイムスリップした感じ。私は夜遊びなんかトンデモナイという地味会社員だったが、それでもたまにはバブル臭のプンプンする店に出没して時代の香りを嗅いでいたくらいだから、遊び人の面々はさぞかしクレイジーな日々を送ったに違いない。

c0163963_18175154.jpg


あの当時、取引先を接待すると、帰りのタクシーを手配するのが一苦労だった。新入りの私は「パシリ」として、お開きにする30分前には席をそっと抜け出して、店の公衆電話(携帯なんてなかったんだよね)からタクシー会社の予約センターに電話をかけまくっていた。電話がやっとつながって配車してもらえるのが30分後というありさま。みんな、なんであんなにタクシーを使っていたのだろう。とにかく誰もが浮かれていた。

もう一つのお題は、北京オリンピック期間中のインターネット・セキュリティに関するTips(和訳)。オリンピックをネタにしたスパムやオンライン詐欺に関しては、勝手に送りつけられるEメールだけでなく、自分で見に行くブログやSNNサイトにもマルウェアが仕込まれている可能性があるのでご注意、という話。この種のコンテンツは自分の参考にもなるので一石二鳥だ。
[PR]
by bonnjour | 2008-08-04 18:20 | 暮らす