B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
2008年 08月 24日 ( 1 )
「夜の女王」を「夜のテノール」にする?ソフト
最近、ある方のブログで便利な音声ファイル変換ソフト(フリーウェア)の存在を知った。このソフトを使うと

● 速度を変えずに音程変更(±1オクターブ)
● 音程を変えずに速度変更(0.5~2倍速)
● 速度変更(音程も変わる)
● ステレオ音声からのボーカルの消去(歌を抜いてカラオケを作成)

などができ、変換後のデータをWAV形式で保存できるという。ちょうどカラオケがほしい曲があったので、さっそくこのソフト「DARU/PITCH-SHIFTER!」をVectorのサイトからダウンロードしてみた。

使用感はなかなかGood。特別な知識やスキルを要せずにすぐに使えるところが良い(肝心のカラオケ作成は、元の音声ファイルがよくなかったのかボーカルがかなり残ってしまったが)。

作者の方は「一青窈のキーを4つ下げると平井堅になる」というトリビアを試すためにこのソフトを作ったそうだ。それならばと、ソプラノ、バリトン、メゾ、カウンターテナーなどいろんな声種の音声ファイルの音程を、速度を変えずに上下させて遊んでみたところ、

夜の女王夜のテノールになったり
ドン・ジョバンニ女ジョバンニになったり
カウンターテナーが普通のテノールソプラノになったり

かなり楽しかった。でもオペラ歌手の皆さん、せっかくの演奏を変な遊びに使ってごめんなさい。

c0163963_1022419.jpg

[PR]
by bonnjour | 2008-08-24 10:10 | 息抜き