B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
2009年 06月 30日 ( 1 )
頭のリハビリも必要?
連日の猛暑。といっても最高気温が27度くらいなので本当は猛暑と呼ぶべきではないのだが、建物の作りが寒冷地仕様なので、冬の乏しい光を取り入れるための大きな窓から一杯に夏の日差しが差し込むのと、夜になっても部屋の中の気温が外気温並みに下がらないのが暑いと感じる原因だ。

相棒は今日からエジンバラに1カ月の出張。手術後の療養期間と称して今まで上げ膳据え膳を満喫してきた身にはちょっと残念だが、実は驚異的な回復力で体調はほぼ元通りになっている。相棒は私の回復の様子を見ながらギリギリまでエジンバラ行きの航空券手配を保留していたので、結果的に割高になってしまったのは申し訳ない。

自分の取引先にはかねてから4週間の休業をお知らせしてあるのだが、家でのんびりと休養していると心身ともになまっていく感じで、仕事再開に向けて頭のリハビリも始めないと危なさそうだ。といいつつ、体調がいいのに気をよくして「仕事復帰前に私もちょいとエジンバラに命の洗濯♪」と昨日、往復航空券を衝動買いしてしまった。諸経費込みで往復2万円弱。来週、相棒の滞在しているアパートに数日間転がり込む予定だ。スコットランドに行くのは初めてなので楽しみ。そこで散財すれば(名物料理のハギスを食べるとか、スコッチウィスキーを極めるとか)、少しはその後の労働意欲が出るかもしれない。

↓ 我が街の、運河のほとりの洒落たカフェは夏になるとテラス席が大人気。
c0163963_18345813.jpg

[PR]
by bonnjour | 2009-06-30 18:22 | 暮らす