B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
カテゴリ:旅する( 170 )
イタリア旅日記: 極寒のベネチアで
ベネチアは今日も極寒だ。海から吹いてくる風が強くて、それが体感温度を著しく下げている。実は当初、旅行先を冬でも暖かそうなリグーリア海岸にしようかと思っていたのだが(チンクエ・テッレの観光写真が刷り込まれていたせいだ)、今はシーズンオフで交通の便も悪いということで思い直した。そして今日、テレビニュースで見たら、リグーリア州の州都ジェノバが大雪に見舞われていた!なんということ。

c0163963_8362223.jpg

泊っているホテルはゲットーの近くなので、今朝はそこから散歩を開始した。ベネチアのゲットーは、言わずと知れた「ghetto」という言葉の語源になっている。上の写真は、ゲットー地区にあるGhetto Nuovo広場。この地区出身でホロコーストの犠牲になった人々に捧げる記念碑などもあり、彼らの辿ってきた苦難の道を否が応でも感じさせる場所だが、パレスチナで起きていることを考えれば、誰が善玉で誰が悪玉かという単純な図式は成り立たないのが、宗教問題や歴史の複雑なところだ。

c0163963_924549.jpg

c0163963_93589.jpg

ゲットー地区には、当たり前だがコーシャのレストランや菓子店なども目につく。

ゲットーを抜けて、ティエポロの作品があるSant'Alvise教会へ。この教会を含めてベネチア教区の16の教会の共通入場券(10ユーロ)というやつを昨日、購入したので、それを消化するのが今日のテーマ。鐘楼や宝物殿でなく、宗教施設である教会に入場料を課しているというのは新鮮な驚きである(ただしこれは見学者用で、ミサの時間にやってくる信徒は当然のこと、入場無料である)。

その後、ティントレットの作品と墓所があるMadonna dell'Orto教会、色大理石の細工が美しいSanta Maria dei Miracoli教会、壮大なSanta Maria Formosa教会など、近隣の教会を次々と巡りながら、ひたすら頭に浮かぶのは「寒い!」「ト、トイレはどこ?」。外を歩くうちに身体の芯まで冷えてしまい、これまた底冷えのする教会で名画を鑑賞するのは困難なことであった。

c0163963_9371240.jpg

せめて暖かい室内に入りたいと思い、午後はアカデミア美術館で大量のベネチア派絵画と向き合う。建物を改装中ということで、この美術館の呼び物であるジョルジョーネの「嵐」をはじめとする人気作品が、臨時に1つの展示室に集められていたのは少々興ざめだった。

c0163963_9454868.jpg

最初の予定では、ベネチア発祥の地、トルチェロ島に船で渡ろうと思ったのだが、あまりの寒さに挫折した。この天気の中、蒸気船で片道40分というのは萎える。島行きの船が出ているFondamenta Nuovo(「新河岸」)からは、島全体が墓地のサン・ミケーレがよく見える。以前、夏に行ったとき、この墓地島に葬られているディアギレフに挨拶しに行ったのだが・・・。

c0163963_953546.jpg

サンマルコ広場にある有名カフェ「フローリアン」は、今やリッチな中国人旅行者のたまり場のようだ。

c0163963_9564326.jpg

ベネチア版物干し台(アルターナと呼ばれる屋上の木造テラス)は、高級物件の証だそうだ。昔のベネチアを描いた風景画にも、このテラスはたびたび登場する。
[PR]
by bonnjour | 2012-01-31 08:29 | 旅する
イタリア旅日記: ベネチアに着いた
パリからeasyJetの激安便でひとっ飛び、ベネチアに着いた。ホテルはバス・ターミナルになっているローマ広場から徒歩圏なので、マルコ・ポーロ空港からはバスに乗った。乗車前に切符を買い、バスの中で刻印しようとしたが、うんともすんともいわない。運転手さんが乗り込んできたので、機械が動かないとイタリア語で言ってみたが(この台詞はイタリア旅行に必須なので覚えている)見事にスルーされた。イタリアに来た!という実感がわく瞬間である(笑)。仕方ないので、そのまま乗る。

c0163963_17525977.jpg


c0163963_17533366.jpg

ローマ広場のそばにあるスーパーで飲料水など買いこみ、ホテルに向かう。レビューで「とにかく見つけにくい場所にある」と書かれていた通り、番地が飛んでいる上にベネチア特有の狭い路地の先にひっそりと位置していたが、奇跡的にすぐ見つけることができた。

シーズンオフなので、シングル1泊40ユーロという激安料金だが、これがハイシーズンになると250ユーロまで上がると、部屋に掲示された料金表にあった。実はベネチア行きを決めたとき、経済的ホテルでも1泊150ユーロ程度するのではと覚悟していたのだが、シーズンオフにこれだけ値引きしているとは嬉しい驚きである。今まで、ベネチアにはハイシーズンにしか来たことがなかったので、その相場が刷り込まれていた。

c0163963_17595585.jpg


ベネチアは、どう写真を撮っても絵葉書風になるのが良いところでもあり、悪いところでもある。これはホテルの近くの運河。

c0163963_183622.jpg

ホテルに着いたのが午後4時過ぎで、観光を開始するにはちょっと遅めだったが、夕方6時まで開いているサンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ聖堂に行ってティツィアーノやジョヴァンニ・ベッリーニらの聖母像(こうした大画家の作品が競作という感じで並んでいるのは壮観だ)、ドナテッロの洗礼者ヨハネ像(傑作!)などを鑑賞する。こうした作品は、聖堂の中で見るのが一番なのは、日本の仏像と同じだ。

c0163963_1883313.jpg


c0163963_1885254.jpg

夜のサンマルコ広場にも行ってみたが、とにかく寒い。シベリア寒気団のせいだろうか。でも、ホテルも飛行機も激安の冬のベネチア。寒いのは仕方ないのかもしれない。
[PR]
by bonnjour | 2012-01-30 17:39 | 旅する
ルルド旅日記
昨年の夏の京都旅行以来、放置プレイしてしまった当ブログだが、今回思いがけない縁でフランスの聖地ルルドに行くことになったので、旅日記など書いてみたい。

昨年は夏に日本に帰った後、ドイツ(ボン)=>フランス(パリ)と移り住み、なかなかに刺激的な1年だったが、その時の様子も備忘録を兼ねて、おいおいブログに記していきたい。

c0163963_1773681.jpg

1858年、ピレネー山脈の麓の村、ルルドで14歳の少女ベルナデットの前に聖母マリアが出現し、泉に行って水を飲み、身体を清めるようにとのお告げを伝えた。この村は後に一大巡礼地に発達した。沐浴場(右手)の奥に見えるのは聖母出現の洞窟の上に建てられたバシリカ。

c0163963_177923.jpg

聖母のお告げを各国語で書いた看板。ちょっと下手な字だけれど日本語もある。

c0163963_1762863.jpg

洞窟の壁に安置されたマリア像。日本のカトリック教会の構内にも「ルルド」と称して、この洞窟の模型がよく作られる。

c0163963_1755354.jpg

洞窟の上に建てられたバシリカ。あんなに重いものを建てて洞窟がつぶれないかと不安になるが、岩盤が固いのだろうか?

c0163963_1752482.jpg

バシリカに通じる参道。ここ一帯が聖域になっている。
[PR]
by bonnjour | 2012-01-27 17:03 | 旅する
京都をあちこち
ホテルの宿泊プランに市バスの一日乗車券が付いていたので、それを使って市内をあちこち見て回った。

そのホテルというのが、三条大橋の近くに最近オープンした「デザイナーズホテル」(ホームページのうたい文句より)で、全館禁煙なのと、オープン記念料金で格安だったので予約した。

・・・しかしホテルの入り口にこんな案内板を発見。もしや、私はとんでもない間違いをしでかしたか?

c0163963_0511548.jpg

部屋(シングル)はこんな感じで、しごくまっとうなツーリスト向けホテルだし、ベッドもちゃんと四角形だし(<==円形の回転するベッドって今は絶滅危惧種なんでしたっけ?)、テレビのチャンネルも真面目な局しか入っていないようなので、思い過ごしということにしよう。

c0163963_0535620.jpg


市バスでまず向かったのは、超有名な観光地。

c0163963_117660.jpg


c0163963_0544133.jpg

高いところにあるせいか、舞台の上を涼しい風が吹き抜けて、大変に快適だった。

ここでは浴衣姿の観光客を多数発見。このお嬢さんたちは、どうやら韓国からのお客さんらしい。プロに着付けてもらったようで、とてもよく似合っていた。

c0163963_0563657.jpg



その後、口から阿弥陀が飛び出すシュールな空也上人の木像がある六波羅蜜寺に回る。

c0163963_1134796.jpg


c0163963_1142859.jpg
↑ 著作権切れ画像につき不鮮明な点はご容赦を。
c0163963_1402985.jpg

↑ ううう、地名が読めない。(答え:西ろくろ町)

天狗に会いに(笑)鞍馬山に行こうと叡山電鉄が出ている出町柳まで行ったのだが、遅くなってきたのと料金が片道410円で微妙に高いのとで気持ちが萎え、予定変更して「哲学の道」を目指す。鞍馬寺から貴船まで、1時間ほどの山道下りが好きで、何度も訪れている。地面から浮き出た太い木の根が蛇のようにとぐろを巻いて、異界の雰囲気を醸し出している不気味な場所だ。一度など、出張の後に書類カバンを提げたまま、スーツ姿で山道を歩くという馬鹿なこともやった。

哲学の道は琵琶湖疏水沿いの、全長2キロほどの小道。西田幾多郎がよく思索にふけりつつ散策したところから、その名がついたそうだが、凡人の私は、この後はどこに行こうかとか、今晩は京都らしいものが食べたいなとか、雑念ばかりがわいてくる。水辺だけあって、涼しいのは何よりだった。

c0163963_1474820.jpg


c0163963_1495570.jpg
↑ 哲学系ネコ集会。

その後、南禅寺から蹴上に向かい、インクライン跡や蹴上発電所を見て回る。水力発電の発祥の地、蹴上周辺は、産業遺跡好きには、たまらないポイントだ。うっかりして南禅寺境内にある、ローマの水道橋のミニチュアみたいな「水路閣」を見るのを忘れたのは残念だ。

c0163963_1583674.jpg

c0163963_158571.jpg

c0163963_1591789.jpg



仕上げは先斗町で夕食。その途中で見た鴨川の夜景が心に残る。

c0163963_21827.jpg


[PR]
by bonnjour | 2011-08-01 22:34 | 旅する
レールパスでディスカバー日本
今まで里帰り時には東京から外に出ず、旅行というと台湾に三度も行ってしまったが、今回はJRのジャパンレールパスなる、外国人旅行者と海外永住日本人向けに出しているお得な鉄道パスを使い、関西方面を旅行している。昨夜、神戸から京都に着いた。

c0163963_1014560.jpg
c0163963_10202.jpg
神戸を訪れるのは95年の震災後初めて。震災の傷跡を少しも感じさせない繁栄ぶりに安心する。今回の東日本大震災は、津波と原発事故という悪条件が重なっているので、阪神・淡路大震災の復興と比較するのは適切ではないかもしれないが、東北の復興を祈るばかりだ。

盟友・Nさんに異人館のあたりを案内してもらい、垢ぬけてモダンな神戸に敬服する。

c0163963_10113483.jpg


c0163963_10161436.jpg


実はその前に、同じパスを使って名古屋に1泊で行ってきた。

c0163963_1052364.jpg

徳川園。日本庭園が素晴らしい(でも時間がなかったので、外からさっと眺めただけ)。

c0163963_1062646.jpg
味噌カツは外せない。

実は今回のジャパンレールパス活用の旅は、コンサートを追いかけながら日本を再発見しようというテーマなのだが、コンサートの感想については次回、ゆっくりと書いてみたい。

c0163963_1091360.jpg


[PR]
by bonnjour | 2011-08-01 10:20 | 旅する
年末帰省日記 その6:ニース空港から帰途につく
飛行機に乗り遅れるという脱力のエピソードからはじまった今回の帰省も最終日。ニース空港から帰途につく。ニース空港は周囲に椰子の木など生えていて、南国らしい華やいだ雰囲気。
c0163963_633442.jpg



お昼時だったので空港内にあったファストフード店で2週間ぶりのジャンクフードを食する。Quickというベルギーが発祥でフランスにも店舗を増やしているチェーン。店内の作りはマクドナルドやバーガーキングなどと似ているが、期間限定で「フォアグラ・バーガー」を出してみたりしてフランス色のアピールにいそがしい。
c0163963_644482.jpg

また、このチェーンはハラル(イスラム教の戒律に従って処理された食品)対応の店舗をイスラム系住民が多い地域に出店して(もちろんお客には大うけで商売繁盛)、1年ほど前に政治的な論議をよんだ。反対派によると、一般客が豚肉使用のベーコン・バーガーを食べる権利を否定されたのは差別なんだそうだ。真意はハンバーガー店をイスラム教徒のたまり場にされたらテロリストの集会場になって恐ろしい、という偏見だともきく。イスラムに関連するとなると感情的な反応を示す最近の風潮を物語っている。ともあれ、セットメニューの飲み物で甘い清涼飲料水(ソーダ)以外にもミネラルウォーターやビールが選べるのがソーダ類が苦手な私には嬉しかった。

c0163963_6524980.jpg


【追記】 フランス南部ヴォクリューズ県で1月末、Quickで食事をした14歳の少年が急死するという事件が起きて、大騒動になっている。報道によると、食中毒の可能性が濃厚らしいのだが、真相究明が気になる。

さて、ニースからフランクフルトを経由してコペンハーゲン空港に着くともう夜8時過ぎ。おまけにオーフス行きの列車は約1時間後の発車で、自宅に着いたのは夜中2時近かった。
[PR]
by bonnjour | 2011-01-03 06:28 | 旅する
年末帰省日記 その5:カラッと晴れ上がったお正月
クリスマスとお正月の料理を食べすぎたので、近くを散歩。東京のお正月頃の天気と似て、空気は冷たいがカラッと晴れ上がっていい気分。
c0163963_622395.jpg



このあたりの家は門構えが凝っていたりする。この家は塀をくりぬいてリスの像をはめ込んでいる。お茶目。
c0163963_6233330.jpg


夜になるとひっそりとしている村。企業の保養所があるので、夏は結構賑わっているのだが。
c0163963_6272091.jpg


[PR]
by bonnjour | 2011-01-01 05:55 | 旅する
年末帰省日記 その4:港町トゥーロンに行く
c0163963_2054784.jpg


c0163963_2338621.jpg

地中海に面した都市トゥーロン(Toulon)に行った。ブルボン朝の頃からフランス海軍の拠点として有名なところだ。相棒の実家からは車で約1時間。管轄の県庁所在地でもあるので、役所の手続きで私も今までに何度か訪れたことがある。

曇り空に時折り小雨がぱらつく天気ながら、南国だけあって厚めのジャケット1枚で外を歩けるほど暖かい。マリーナ沿いの遊歩道は、光を遮るものがないので曇天ながら十分に明るい。海っていいなあ。漁師らしいお兄さん二人組が、獲れた魚を直売していて大いに惹かれたが、生鮮食品の買い物は今日の目的ではないので断念した。

c0163963_0572369.jpg

↑ 遊歩道の先には立入禁止のフランス海軍の施設が。建物の正面に2台の大砲が鎮座しているのが勇ましい。

c0163963_20545397.jpg

マリーナに面した庶民的なレストランで昼食をとる。前菜は魚のスープ、メインにタラのレモンソース添えを頼み、デザートはサヴァラン。こんな感じのメニューで義父母と我々の大人4人でワイン1本あけてチップ込み90ユーロ(現在のレートで約9800円)というのは、物価激高のデンマークから来ると「安い!」と感動せずにはいられない(が、ユーロ導入前のフランスの物価水準を知っている人たちからみるとちっとも安くないそうだ。それに円安・ユーロ高が最高潮になった頃のレートに換算すると1万5,000円近くになり、割高感が増す)。

c0163963_2340610.jpg
↑ 魚のスープ。何種類もの魚介類から良いダシが出ている。大きな壺になみなみと出されたので2回もおかわりしてしまった。浮き実はフランスパンの薄切りトーストにルイユというピリ辛のニンニク風味マヨネーズを塗ったもの。好みで刻んだチーズも。

c0163963_23404860.jpg
↑ タラの料理はアニスやレモングラスの風味がきいた甘めのソース添え。付け合わせのパスタの茹で加減はフランス風(=茹で過ぎ)だったけど、それを除けば美味。

c0163963_23411167.jpg
↑ サヴァランのシロップはラム酒が大盤振る舞いで、子供には危険。

c0163963_056528.jpg
↑ 地元の名ラグビー選手が1964年に開いたレストラン。いい意味で田舎っぽいインテリアには、いまだに60年代の雰囲気が漂っていたりして・・・。

c0163963_2343038.jpg

↑ トゥーロン・オペラ。今シーズンはヴァイルの「ストリート・シーン」、プッチーニの「つばめ」、オッフェンバックの「天国と地獄」、ドニゼッティの「シャモニーのリンダ」、ウェーバーの「魔弾の射手」、パーセルの「ディドとエネアス」(ディド役はアントナッチ)など、有名作品を中心にバラエティ豊かに上演(でも見にいけないのが残念)。椰子の木の並木が南国らしい。

c0163963_234404.jpg

↑ オペラの前の広場にはカフェがあって、ちょっとした社交の中心地になっている。

年末にわざわざこの町に来た目的は、相棒の偏頭痛の治療にある。ここに専門の良い医者がいるとの情報を得て、帰省中に診察を受けることにしたのだ。15年来の偏頭痛持ちである相棒は、何度か医者を変えてみたものの、頭痛との付き合いが切れないでいる。デンマークでも担当の家庭医に相談したのだが、医師が「うーん」と頭を抱えたまま有効な治療方針は示されず、放置プレイで早や2年。住民の医療費無料を実現しているデンマークでは、高騰する医療費を抑えるため、長年の偏頭痛のような生死にかかわらない病気は優先度が低く放っておかれがちのようだ。

で、今回診察を受けた専門医から今まで使ったことのない治療薬の処方を受け、しばらくそれを服用することになった。週に1回のペースで襲ってくる偏頭痛と、今度こそ縁を切ってほしいものだ。

c0163963_23461330.jpg

↑ なぜか沖縄や東南アジアの都市を思い出させる街並み。建物の後ろはすぐに港だ。

c0163963_23465272.jpg

↑ 港町らしく船具を売る店がある。

c0163963_23472689.jpg

 ↑ クリスマスのイルミネーションが美しい。
[PR]
by bonnjour | 2010-12-30 20:14 | 旅する
年末帰省日記 その3:やっぱり今年も胃袋耐久レースのクリスマス
帰省が予定より1日遅れたので、到着翌日はすでにクリスマスイブだ。義父母が引退後の楽しみにやっているプロヴァンス文化保存会のクリスマス・コンサートが夕方に村の広場で開かれ、その後は義父母の家に親戚が集まって例年のように食事会になる。この食事会は翌日も昼食・夕食と続き、胃袋耐久レースの様相を示すので、消化不良やら肥満やらに気をつけないと、後で怖いことになる。

c0163963_214287.jpg

↑ 村の広場もクリスマスの飾りで華やいでいる。

c0163963_2161354.jpg
↑ コンサートの寸劇で、聖家族と天使に扮した地元の人たち。イベントの様子は翌日の地元紙でも報道された。

c0163963_2115178.jpg

↑ 義父母の愛猫「Zoe」。気まぐれな奴で、他の猫とは一切交流を持とうとしない孤高の猫。アレルギー性鼻炎持ちの私は、この子が寄ってくるとくしゃみと鼻水が止まらなくなるので、なるべく好かれないようにしている(笑)。

c0163963_2183751.jpg
↑ ディナーに出されたイノシシのパテ。グルノーブルに住む親戚が持ってきてくれた。知人の料理人が腕をふるった手作りだけあって絶品だった。

c0163963_2195125.jpg
↑ 牡牛の赤ワイン煮込み。ゼラチン質の多い脛肉が柔らかくなるまで煮込まれていて、美味い。でも、重い。

c0163963_2213852.jpg

↑ 鶏のロースト。chaponと呼ばれる食用に太らせた去勢鶏で、巨大なだけあって、総勢13人の胃袋を満たして余りあった。
[PR]
by bonnjour | 2010-12-24 02:02 | 旅する
年末帰省日記 その2:雪のため、ニース行き飛行機はなかなか飛び立たず
コペンハーゲン空港近くのホテルで朝を迎えた。雪が降っている。本当は今頃、相棒の実家で南仏の太陽とともに爽やかに起床したはずなんだが。今日の飛行機が無事に飛んでくれるか、ちょっと不安が胸をよぎる。

昨日の飛行機乗り遅れ事件を反省して、ホテルを早めに出て空港に向かった(といっても空港は、たった700メートル先なんだけど)。新たにチケットをとったNorwegian Air Shuttleは格安航空会社だからか、乗客の数に比べてチェックインカウンターの数が少ない。朝8時前というのにすでに長い列ができている。その列がなかなか進まないのは、荷物預けで重量オーバーのトラブルを起こしている乗客が多いせいなのか、朝はいまひとつやる気が出ない係員が多いせいなのか、不明。

こんな調子じゃチェックインするまでに1時間くらいかかるのではと心配し始めたころに、係員が「オスロ行き、オスロ行きのお客様はおられませんか~~っ。もうすぐ締め切りますので、今すぐカウンターにお越しくださ~~いっ」と叫びだした。オスロ行きは私たちのフライトの約1時間前に出る。出発時間が迫った乗客は、こうやって列を飛ばしてカウンターにたどり着くわけだ。長蛇の列の乗客をさばくテクニックに、ちょっと感心してしまった。

さて、ニース行きのチェックインは無事に済んだのだが、雪のせいで出発時刻が遅らされ、機内に乗り込んだ後もしばらく待機状態が続き、ニースに着いたのは予定時刻の3時間半ほど後だった。相棒の実家は列車の通っていない僻地ゆえ、義父が空港に車で迎えに来てくれたのだが、延々と待たせることになって本当に申し訳ないことをした。それにしてもニースは暖かい。空港に到着したときは小雨が降っていたのだが、寒波に見舞われたコペンハーゲンから来ると、春みたいなものである。

c0163963_147869.jpg

↑ 雪まみれのコペンハーゲン空港。こんな状態で運航を維持するのは本当に大変だと思う。
[PR]
by bonnjour | 2010-12-23 01:05 | 旅する