B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
カテゴリ:旅する( 170 )
マドリッド旅日記 その2 ゲイ・テイストがちりばめられた「ポッペア」
21日(金)の夜、今回の旅のメインイベントであるモンテヴェルディのオペラ「ポッペアの戴冠」(テアトル・レアルにて)に行く。同行者はパリ在住のCさん。詳しい感想は後でゆっくり書くとして(<==またバックログになりそうで、危険)、見てきた印象を記憶が薄れないうちに書き留めておく。

c0163963_1133348.jpg



L’incoronazione di Poppea
by Claudio Monteverdi (1567 - 1643)
Dramma musicale in a prologue and three acts
Libretto by Giovanni Francesco Busenello
New edition based on the Venice Version by Jonathan Cable, 2010
New production of Teatro Real in coproduction with Teatro La Fenice in Venice

【スタッフ】
音楽監督:William Christie
演出: Pier Luigi Pizzi
照明:   Sergio Rossi

【キャスト】
Poppea: Danielle de Niese
Nerone: Philippe Jaroussky
Ottavia: Anna Bonitatibus
Ottone: Max Emanuel Cencic
Seneca: Antonio Abete
Drusilla: Ana Quintans
序曲(クリスティが通奏低音と指揮を兼ねた弾き振りをしている)に続きプロローグ。「幸運」(Fortuna)と「美徳」(Virtù)がどちらが偉大か口論しているところに「愛」(Amore)が割って入り、自分がもっとも偉大であると宣言し、証拠を見せようという。彼らはそれぞれ台車に乗って舞台を移動するが、それを動かしているのは忍者風の黒装束に身を包んだ黒子たちだ。黒子といい、「幸運」がまとうヴェルサーチを思い出させるモダンなゴールドの衣裳といい、出だしからこのプロダクションは特定の時代やスタイルにとらわれない予感。

幸運や美徳をさしおいて皇帝ネロ(ネローネ)と人妻ポッペアの不倫愛が勝つという、現代人から見たら実にけしからんストーリー(あらすじはこちらを参照)をオペラにしたのは、権謀術数が渦巻くヴェネチア共和国という土壌があってのものだったのかもしれない(台本のジョヴァンニ・フランチェスコ・ブセネッロと作曲のモンテヴェルディは、ともにヴェネチアで活躍した)。

タイトルロールのポッペアは、近年他のプロダクションでもこの役を演じているダニエル・ドゥニース。まだ若いのに大変に上手な歌手だと思うし、舞台映えのする派手な容姿と薄物衣裳の似合うダイナマイト・ボディ(笑)の持ち主でポッペア役に似つかわしいのだが、歌唱はちょっと一本調子で陰影に欠ける印象を受けた。

ネローネ役のフィリップ・ジャルスキーは硬質で輝きのある声で、この暴君のエキセントリックさや凶暴さと、その裏にある傷つきやすさや子供っぽさをよく表現していた。この役はソプラノに近い音域までカバーしているので最高音では少々、喉がつまっているような感じがしたが、それより下の音域はいつもながらパーフェクトな歌唱だ。「羽根はたき」を彷彿とさせる黒い羽根に覆われたガウンやら、裳裾をひきずるゆったりとしたローブやら、ラストシーンのゴールドのチュニックやら、皇帝役なので衣裳も大変に豪華で目を楽しませてくれた。

↓「羽根はたき」に身を包むジャルスキー。

c0163963_1223848.jpg

ポッペアに裏切られる夫、オットーネ(駄洒落じゃありません)はマックス・エマニュエル・チェンチッチ。彼のビロードのようなアルト~メゾソプラノの声は、とても表現力が豊かなうえに安定感がある。ポッペアとネローネがローマ風といえなくもない衣裳をまとっているのに対し、彼は現代風のコスチュームに身を包んでいた。

女性歌手で一番の収穫は、ネローネの正妻で最後はローマを追放されるオッタヴィアを演じたアンナ・ボニタティブスだ。よく響く豊穣なメゾソプラノ声で、威厳ある皇后と不幸な女という両方の側面を見事に表現していた。彼女が終盤で有名な慟哭のアリア「さらばローマよ(Addio Roma)」を歌いだすと、劇場中が彼女に釘付けとなった。カーテンコールでタイトルロールに負けず劣らずの喝采を浴びていたのは当然だ。

レザール・フロリサンの17人の奏者を率いたクリスティが紡ぎだした音楽は典雅で、音色も豊かだった。彼が手塩にかけて育ててきた楽器奏者と信頼を置く歌手たちを集めた今回の「チーム」は大成功だったといえるだろう。

演出で特筆したいのは、そこかしこにゲイ・テイストがちりばめられていたこと。ネローネの周囲は黒の半ズボンと身体にぴったりしたラメのシャツを着込んだ親衛隊(Cさんと私は「あれじゃレイザーラモンHGだよ」ということで意見が一致した)が固めているし、ポッペアの策略で自殺に追い込まれた哲学者セネカの死の後、ネローネと悪友ルカーノがポッペアの性的魅力をたたえる二重唱ではみるみるうちに男同士の濡れ場になっちゃって、歌詞ではポッペアを称えながらルカーノの手はネローネの変なところをまさぐっているし(オペラグラスでしっかり確認済み)、口にキスはするし、最後はネローネがエクスタシーに達するしで、腐女子(笑)なら嬉しくて卒倒しそうな光景が展開された。

そうだ、暴君ネロは男色が普通に行われていた古代ローマの人。オッタヴィアやポッペアの他にも、男性との「結婚」歴があったと伝えられるくらいだから史実に基づいた演出なのだ(と無理やり自分を納得させる)。

c0163963_12495154.jpg

いつもながら素晴らしい歌唱を聴かせてくれたジャルスキーに一言かけたくて、終演後にCさんと一緒に楽屋口で「出待ち」をした。楽屋口では私たちの前にフランス人マダム2人組が彼を待ちかまえていたが、顔なじみらしい彼女たちに対応しつつ、後ろに私たちがいるのに気付いてくれて「やあ」といった感じに挨拶してくれたのはファンとして大変に嬉しい。マダム2人組にビズした後、成り行きで私たちにもビズしてくれたのは、もっと嬉しい。5月のそよ風みたいな彼のビズは、あまり現実感がなかったけれど。

ネローネの複雑な人物像を見事に表現して素晴らしい舞台でした、と感想を申し上げたら、ジャルスキーは目を輝かせて「このオペラの登場人物は、みな白と黒の側面を持っているんだ」と答えた。「ポッペア」はオペラ史上最高の作品だと思っていること、テアトル・レアルはとても歌いやすい劇場で、自分の声がよく聴こえること、今回のプロダクションはとてもよいチームが組めたこと、ネローネ役はソプラノの音域に達しているので毎回ハラハラしながら歌っていることなど、彼の話の端々から音楽に対する真摯な思いが伝わってきた。

来週の月曜の公演も聴きにくる予定だと伝えたら「それじゃマドリッドをゆっくり見て回ることもできるね」とにっこり笑った。なんていい人なんだ。
[PR]
by bonnjour | 2010-05-21 10:23 | 旅する
マドリッド旅日記 その1 同級生と再会
朝8時半に自宅を出て、コペンハーゲン経由でマドリッドのバラハス空港に到着したのは夕方6時過ぎ。最近空港に乗り入れるようになったという、分かりやすくて便利な地下鉄(最初の路線は1919年に開通)に乗って、目抜き通りグランビアにあるホテルにチェックインした。

実はマドリッドは私が生まれて初めて足を踏み入れたヨーロッパ大陸の都市で、そのときは日本からアラスカ経由でロンドンに入り、1週間ほど過ごしてから飛行機でスペインに入った。80年代初め、学生の海外自由旅行が流行りだした時代である。インターネットはおろかファックスさえ普及していなかったので、日本から手紙や電話で現地の安ホテルを予約するのは結構ハードルが高く(そもそもスペイン語が話せない)、宿は目的地に着いてから飛び込みで探した。マドリッドで泊った安ホテルは、浴室の鍵が壊れていてあやうく一晩閉じ込められそうになるし、トイレの水の流れが悪いとフロントに連絡したらバケツを貸してくれるし(これで水を勢いよく流せという意味)、トホホなエピソードが今では楽しい思い出だ。「Compostela」というホテルの名前を今でも覚えている。

c0163963_9364689.jpg

などと昔を振り返ってしまうのは年をとった証拠だと反省しつつ、大学時代の同級生でマドリッド在住のJさんとホテルのロビーで落ち合い、彼女の案内で地元のおつまみを出す居酒屋(上の写真)に行く。Jさんとは大学卒業後、ずっと音信不通になっていたのだが、今回のマドリッド旅行の手配を終えた後にSNSで彼女が偶然に私を見つけてくれてコンタクトが取れ、今回会うことができた。嬉しい偶然である。

彼女はスペイン人の旦那様の仕事(うちの相棒と似たような「業界」である)でメキシコ、スペイン、フランスと移り住み、昨年からマドリッドに定住するようになったとのこと。我が家と似たような経験をしているので親近感がわいた。それに学生時代の友人というのは不思議なもので、卒業以来会っていなくても、まるで最後に会ったのが先月だったみたいに話がはずむ。思い切り日本語でおしゃべりができて楽しかった。

c0163963_9384238.jpg


↑ しし唐の唐揚げは日本の居酒屋でも出てくるような懐かしい味。こういうメニューのあるスペインは良いところだ。
[PR]
by bonnjour | 2010-05-20 07:05 | 旅する
パリ旅行記 その4 下町から中世の世界に
【旅行中ゆえ、取り急ぎ写真だけアップしておく】

↓ ポカポカ陽気に恵まれた一日。パリ北東部の高台にあるベルヴィル公園から眺める花の都。よく見るとポンピドゥー・センターやモンパルナス・タワーが。
c0163963_959335.jpg


c0163963_9595948.jpg



↓ ベルヴィル公園の近くにはエディット・ピアフの生家がある。扉の上には記念プレートが取り付けられている。この写真ではよく見えないが、扉の左の柱にある青いものはピアフの肖像イラストだ。
c0163963_1011955.jpg



↓ ベルヴィル界隈は古くからのチャイナタウン。大型中華スーパーがある13区のチャイナタウンが、近年拡大がめざましい東京・大久保のコリアタウンに相当するとしたら、こちらはいわば旧世代が作り上げた上野のコリア・タウンといったところ?
c0163963_107449.jpg



↓ 映画「アメリ」のロケ地で有名になったサンマルタン運河。私にとって「アメリ」はホラー映画に分類されるのだが(出てくる人物がことごとく、コミュニケーション不全気味で、じわじわと恐怖がこみ上げてくるのだ)、世間的には「お洒落でポップなパリの街が主人公」の映画なんでしたっけ?
c0163963_10113176.jpg



↓ 昔の勤務先の先輩でパリ在住のMさんとランチ。ピカソ美術館の近くにある美味しいビストロを予約してくださった。本日の定食のメインはトリッパだ。
c0163963_10142538.jpg



↓ 昼食後、ジャックマール・アンドレ美術館でスペイン絵画特集の企画展を見るつもりが、地下鉄で移動するのが面倒くさくなり、徒歩圏にある中世美術館に行き先を変更した。美術館の中でオランダ在住のPさんご夫妻にバッタリ出会う。Pさんご夫妻は土曜夜の「ガラ・ヘンデル」コンサートにもいらしていたのだが、まさか翌々日に美術館で再会するとは。
c0163963_1021146.jpg



↓ 中世美術館には日本語の説明プレートもあって親切なのだが、「古代の哲学者たちに酔って説かれた『自由意思』」という誤変換だけは直したほうがいいと老婆心ながら突っ込んでおく...。(「酔って説かれた」が座布団10枚なら、その前にある「言い方を帰れば」は座布団1枚といったところか?)
c0163963_10272456.jpg


↓ 美術館の閉館後、Pさんご夫妻にビールをごちそうになった。ありがとうございました。
c0163963_10224272.jpg



↓ 夜景があまりきれいなので、観光写真を色々撮った。使い途は......ない。
c0163963_10234584.jpg


c0163963_1024843.jpg


c0163963_10245156.jpg


[PR]
by bonnjour | 2010-03-22 09:51 | 旅する
パリ旅行記 その3 穴場中華に連れて行ってもらう
【旅行中ゆえ、取り急ぎ写真だけアップしておく】

↓ 前夜コンサートに付き合っていただいたCさんにまたお付き合いいただき、マレ地区を散歩。「寡黙で訓練の行き届いた男たち」系の本が多数置いてある書店。マレはユダヤ人街であり、ゲイタウンでもある不思議な場所。
c0163963_936333.jpg



↓ マレ地区にある壮麗なスービーズ館。国立文書館として使われてきたが現在は歴史博物館に。
c0163963_9395365.jpg



↓ パリ在住が長いCさんが連れて行ってくれた穴場の中華料理店。顧客の大半が現地在住の中国人で、フランス人向けに味をアレンジしていない本格派のお店。なにせ、フランス語で電話をかけると、マダム以外のスタッフが出た場合、電話を切られてしまうのだとか。どの料理も美味しくて量もたっぷり、それでいて信じられないほど手頃な価格(とりわけデンマーク価格に慣れた身には)だったので感激した。Cさん、とっておきのお店を教えてくれて、ありがとう。
c0163963_9433944.jpg


c0163963_9465810.jpg


[PR]
by bonnjour | 2010-03-21 09:31 | 旅する
パリ旅行記 その2 シャンゼリゼ劇場の「ガラ・ヘンデル」
今回のパリ旅行のメインイベント、シャンゼリゼ劇場の「ガラ・ヘンデル」に行った。エマニュエル・アイム指揮のコンセール・ダストレー(好演)をバックに、ソプラノのサンドリーヌ・ピオー、アルトのマリー・ニコル・ルミュー、カウンターテナーのフィリップ・ジャルスキー、テノールのトピ・レティプーという、古楽の世界で今、旬の4人の歌手を一度に聴けるうれしい企画。それぞれの出演者のソロもよかったが、デュエット、トリオ、カルテットと、アンサンブルの妙を味わえたのが一番の収穫だ。

詳しい感想は帰宅してからゆっくり書くことにして、とりあえず写真だけアップしておく。

c0163963_1022540.jpg



c0163963_1025695.jpg



カーテンコール。割れるような拍手で何度も舞台に呼び戻された出演者たち。手振れしまくって、まともに撮れたのがこの1枚だけだったので、指揮のエマニュエル・アイムが写っていないのが残念。

c0163963_1034717.jpg



前日にも同じプログラムのコンサートが開かれており、そこには地元ラジオ局の録音が入っていた。この音源は下記の通り4月1日(日本時間23:00-翌日00:459に放送され、インターネットでも配信される。

【放送日時とラジオ局】
フランス時間:2010年4月1日16:00~17:45
日本時間:同日23:00~翌日00:45

放送局:france musique
番組名:Concert de l'après-midi
番組のウェブサイトはこちら
[PR]
by bonnjour | 2010-03-20 09:58 | 旅する
パリ旅行記 その1 ルーブルの夜間開館
金曜午後、パリに到着した。シャンゼリゼ劇場で行われる「ガラ・ヘンデル」(出演:S.ピオー、M.N.ルミュー、Ph.ジャルスキー、T.レティプー)という、ヘンデル・プログラムのコンサート・チケットを衝動買いしたのが発端のパリ旅行。コンサートは同じプログラムが金曜・土曜の2晩行われるが、私が行くのは土曜なので今日はルーブル美術館の夜間開館に行く。

c0163963_92857.jpg

午後6時から夜間開館用の割引入場券が売り出されるが、私はちょっと出足が遅れて7時前に到着した。閉館の9時45分まで、駆け足で展示を見て回る。

あんまり先を急ぐものだから、愛するジョルジュ・ド・ラ・トゥールの展示をあやうくすっ飛ばしそうになったり(絵から発散される、尋常ならざる気配を察して足を止めたらそこにあった)、アングルの「トルコ風呂」やワトーの「シテール島への旅立ち」など、フランス絵画の名品をすっ飛ばしていたのに気がついて後戻りしたりして、なかなか効率的には回れないものだ。常設展示物はフラッシュを焚かなければ写真撮影OKということだったので(知らなかった。前からそうでしたっけ?)気になった展示物を何点かフラッシュ不使用で撮らせてもらった。

好きな作品の前で長居した結果、膨大な所蔵品のほんの一部を見たにすぎないが、本格的に見て回ると1週間あっても足りない場所なので、今日のところはこれでいいとしよう。

↓ 艶めかしい肌の質感は、やっぱり実物を見るのが一番。
c0163963_9323954.jpg

↓ 眠れるヘルマプロディートス。両性具有の神。お尻の表現が美しすぎる(絶句)。
c0163963_9434354.jpg


↓ 入館者の写真撮影人気ナンバーワンといえば、やっぱり...
c0163963_9442686.jpg


[PR]
by bonnjour | 2010-03-19 09:12 | 旅する
罰ゲーム第2弾? 極寒のコペンハーゲン紀行 その2
コペンハーゲン2日目。快晴だった昨日より雲が多いせいか、寒さも少し和らいでいる。ホテルを出てニイ・カールスベア美術館(Ny Carlsberg Glyptotek)に行く。「Glyptotek(彫刻美術館)」と呼ばれる通り、ビール会社のカールスバーグ(カールスベア)の2代目であるカール・ヤコブセンが集めた彫刻コレクションをもとに設立された美術館。

開館直前、美術館の前で扉が開くのを待つ人たち。
c0163963_20322462.jpg

入場してすぐ、目の前に広がるのは見事なウィンター・ガーデンだ。ガラス張りのドームの下に、背の高いヤシをはじめとする亜熱帯植物が茂る中庭。イギリスの植物園のパームハウスと同様のコンセプトなのだろうが、北国ならではの南国への憧れを感じる。しかし、こんな寒冷地で天井の高いこの温室を維持する燃料は大変なものだろうと(地球には優しくなさそう)、変なところが気になってしまう。この中庭のために設けられたクーポラは、建物の外からもよく目立つ(一番下の写真)。

c0163963_20331570.jpg

コレクションの柱は古代エジプト(ミイラもあり)、ギリシャ、ローマの美術品(主に彫刻)とエトルリアの出土品、ロマン派の絵画・彫刻と19世紀前半のデンマーク黄金時代の絵画など。カール・ヤコブセンがロダンのパトロンだった関係で、「考える人」「接吻」などのロダン作品も多数収蔵されている。

平面の絵画と違い、立体物の彫刻は四方八方からの鑑賞が可能なので、見るのにえらく時間がかかる。とりわけ古代ギリシャ・ローマの男性像は、その美しい臀部が鑑賞のポイントでもあるので(そう思うのは私だけ?)、正面だけでなく後ろや横からと、鑑賞に時間がかかるのだ。なかでも一番の美尻はギリシャ出土の某ヘラクレス像だった。

ヘラクレスといえば、2006年のスポレート音楽祭でヴィヴァルディ「Ercole su'l Termodonte」のエルコレ(ヘラクレス)役を、一糸纏わぬ姿で熱唱したアメリカのテノール、ザカリー・ステインズの肉体美を思い出してしまった。ギリシャ彫刻と同じで、ここまで鍛えられた美しい肉体だと、純粋にオブジェとして眺めることができるので安心だ(笑)。



あっというまに昼食の時間。美術館にもウィンターガーデンを眺める洒落たカフェが併設されているが、あまりに強気の価格設定ゆえ、いったん外に出て食べることにした。市庁舎近くの「北京亭」なる中華レストランに入る。こちらの中華屋によくあるビュッフェ形式。なお「串焼」の提灯はただの飾りで、メニューにはなかった(爆笑)。

c0163963_2340612.jpg

昼食後は美術館に戻り、午後5時ごろまでゆっくりと鑑賞してから帰途についた。それだけ収蔵作品が多いこともあるが、この寒さでは街をぶらっと散歩という気にもなれない(というわけで、カール・ヤコブセンの要請で制作されたというコペンハーゲン名物、人魚姫の像はパス)。

c0163963_23533071.jpg


帰りの列車では保温ボトル(タイガー社製)に入れたコーヒーが大活躍。朝、ホテルの部屋で作ったコーヒーが夜になっても飲み頃の温度で保温されているのは、たいした性能だ。
[PR]
by bonnjour | 2010-01-10 19:51 | 旅する
罰ゲーム第2弾? 極寒のコペンハーゲン紀行
年末年始に暖かい南仏へ帰省した記憶も新しいなか、帰宅して1週間もたたない1月9日にふと思い立って相棒と一緒にコペンハーゲンに1泊旅行してきた。行きはオーフスから出ている直通バス(フェリーを使って最短距離を走るので所要時間は列車とあまり変わらない)、帰りは鉄道。コペンハーゲン行きは公共の交通機関のほうが便利なので車を使ったことはないのだが、今回は車で行きたくても行けない理由があった。なんと、フランスまで乗っていった車を保険の関係で現地に置いてきてしまったのだ。何かと不便な地方都市での車のないサバイバル生活、なかなかの試練である。

まず、オーフス港からフェリーに乗って海を突っ切る。

フェリーは座席のスペースがゆったりと取られ、室内も清潔なので快適。内部には立派なカフェテリアもあるが、価格設定が「動く物体の中で供される飲食物はバカ高い」の例にもれないので、あらかじめアウトドア用の保温ボトル(タイガー社製のこれは優れもので、旅行中大変に役立った)にコーヒーを入れて持参した。

c0163963_1024327.jpg

↓ こちらはバスの座席。2人掛けの席にまじってテーブルのある4人掛け席を設定している。このテーブルの下には電源コンセントも用意されていて、パソコン中毒の人にはうってつけ。

c0163963_1038716.jpg

6時前という早朝に家を出たためバスでうつらうつらしていたら、すぐにコペンハーゲンに到着した。空港のあるコペンハーゲンは何度も通過しているが、市内に出るのはこれでやっと3回目だ。

首都だけあって大変に立派な(でもどこか田舎の匂いがする)街なのだが、折りからの大寒波で野外は凍りついている。寒いときに噴水なんて見ると、ますます寒くなる。

c0163963_10511788.jpg


100メートル歩くごとにどこか暖かいところに避難したくなるので、デンマークが誇るこの有名ブランド店にも駆け込む。ところでこのブランドのWebサイトを今確かめたところ、デンマーク語、英語のほかに日本語に対応していてびっくりした。それだけ日本での人気が高いのだろう。店内の上階に展示されていた昔の作品は、凝ったフォルムと精緻な絵付けで圧倒される。なかでも、何種類ものキノコを植物図鑑顔負けの細かさで描いた「Flora Danica」シリーズは見もの。

c0163963_1053778.jpg

結局、この日は歩行者天国になっている中心街をぶらついてから国立博物館でデンマークの歴史と文化を勉強(いや、本来の目的は「暖をとる」だったかも)した後は、あまりの寒さにホテルに戻り、夕食もパスして布団にくるまっていた。情けない。
[PR]
by bonnjour | 2010-01-09 10:16 | 旅する
年末帰省日記 その4:静かな田舎の村
相棒の実家は人口3,000人ばかりの小さな村にあり、東京で生まれ育った私には想像を絶することがたくさんある。

- 小学校はあるが中学から上の学校が地元にはなく、子供たちは近隣の町までバス通学する。
- 電車は通っていない。本数の少ない乗合バスか自家用車が便りだ。
- 商店はコンビニ的規模のスーパーが一軒あるだけで、日常の買い物は近隣のショッピングセンターに車で行く。
- 本屋がない。これが自分の地元だったら気が狂いそう。
- 医療機関は家庭医のクリニックがあるだけで、専門医にかかるときは近隣都市の病院に行く。

全体的に自家用車に頼っているライフスタイルで、徒歩と公共の交通機関を組み合わせて出歩く東京の人間からみると、運動不足の感が否めない。車で1時間ほどいくと都市圏人口152万を誇る大都市マルセイユがあるのだが、地中海最大の港町の喧噪とは無縁な、静かな田舎だ。

↓ 30年以上前に廃線になった鉄道。かつてはこの地方で採れるボーキサイトの運搬に使われた。

c0163963_2252741.jpg

↓ 村の教会と、教会の壁に作りつけられた水道。ローマあたりだと冷たくて美味しい水が噴き出しているが、ここの水は水質に問題があり、現在は飲用不可。

c0163963_2255346.jpg


c0163963_22552759.jpg

↓ 教会の近くには野良猫の集会場がある。集会場近くにいた首輪のついているこの子は飼い猫のようで、妙に人なつこかった。

c0163963_22563452.jpg
↓ 村はずれの古いチャペル。今は使われていない廃屋。

c0163963_2258118.jpg


[PR]
by bonnjour | 2009-12-29 22:49 | 旅する
年末帰省日記 その3:胃袋マラソンの3日間が終わり
食べ物の話ばかりで情けないが、胃袋マラソンの3日間が終わった翌日、「食べ過ぎてお腹が重いから、今日はあっさりとしたものを」といって作った昼食がこれだ。

c0163963_2238693.jpg

ステーキにフレンチフライとサラダ。

これのどこが「あっさり」なんじゃ、と突っ込みたくなる。

ステーキは消化に良いので胃が疲れたときに最適、と考えるのは肉食民族に共通の思考方法のようだが、七草粥という素晴らしく健康的なお正月明けの伝統料理を持つ日本人からみると、見ただけで胃が重くなりそうだ。とはいえ、このステーキを完食してしまった自分が嬉しいような、情けないような。
[PR]
by bonnjour | 2009-12-27 22:35 | 旅する