B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
<   2005年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
通販サイトでアダプター発見!
c0163963_0284024.jpg
ケルンのMedia Marktでは断念したUSBコネクターとLANケーブルをつなぐアダプターだが、日本の通販サイトを検索してみると、格好の製品がみつかった。アイ・オー・データで出している「Lan-Egg Slim」という商品。早速、価格比較サイトを覗いて、送料を入れると一番安かったAmazon.comでオーダーする。970円。これで愛機は復活だ。

とはいえ、送り先は日本の実家。実家からドイツまで、ビニールのプチプチに入れて郵送してもらうよう、両親にメールで依頼する。ところで両親は最近、電子メールの送受の仕方をマスターした。私が日本を発つ前、今後はメールで近況報告をと考え、実家にネット環境を整え、メールの使い方も図解まで書いて説明したのだが、私の説明が悪かったのか、「難しすぎる!」ということで、半年以上も使われないままになっていた。が、このたび一念発起して、知人の紹介でインストラクターに来てもらい、手ほどきを受けたという。操作法を忘れないように、両親宛にせっせとメールを送らねば。
[PR]
by bonnjour | 2005-07-25 00:27 | 暮らす
ビックカメラと比べるのは無理だけど
死んだ愛機(PC)を復活させるべく、適切なアダプターを探しに、ドイツが誇る大型電機店、Media Marktケルン店に乗り込む。しかし...。

IT 関連の商品の品揃えや価格においては天国である日本と比べてはいけないと思うのだが、この貧弱さって、何? 日本にいる時は仕事帰りによく有楽町のビックカメラに立ち寄ったものだが、それと比べるとここのMedia Marktは、品揃え、規模の両方とも10分の1ぐらいな感じである。それでいて、価格は少なくとも1.5倍はしそうな勢い。

ということで、目当ての商品も見つからず、すごすごと店を後にした。ところで、ドイツには秋葉原みたいな場所って、ないのかな?
[PR]
by bonnjour | 2005-07-23 00:27 | 暮らす
愛機のイーサネット・コネクターが死んじゃった
数日来、愛用パソコンの調子が悪い。突然、ネット接続が切れる。接続しなおしても、ちょっとした拍子に断絶してしまう。

何が原因だろう。最近インストールしたフリー・ソフトが邪魔をしているのかと思い、それを削除してみた。それでも駄目。システムの復元やら、ウイルスのチェックやら、乏しい知識の中で考えられる限りのことをしてみたのだが、直らない。これはソフト上の問題ではなく、物理的なものではと思い、LANケーブルとパソコンのイーサネット・コネクターの接続ポイントを手で押さえてみたら、復旧する。使いすぎて、コネクターがガバガバになってしまったのだろうか(そんな、バカな)。ハード上の問題なので、修理に出すしかないかなと思い、保証書を見たら、国際保証は先月で切れていた。涙。

とりあえず愛機(大画面のノートPC)はスタンドアロン作業にのみ使い、ネット接続が必要な作業はバックアップ機(B5ノートPC)で行いつつ、対応策を考える。USBコネクターは健在なので、LANケーブルをUSBに接続できる部品があれば、解決するんだよね、と一人で納得。

それにしても、1台のマシンで全ての作業ができないのは不便きわまりない。まあ、B5ノート機一台で全ての作業をすませればいいのだが、あれは携帯用であって、作業効率的にはキーボードも画面も大きいマシンの方が使いやすいんだよね。

週末に、ケルンのMedia Markt(ビックカメラみたいな店)に行って、部品を探そう。
[PR]
by bonnjour | 2005-07-20 00:26 | 暮らす
嬉しい再会
ソフトウェア・ツールのマニュアルの翻訳の仕事を、エージェンシー経由でいただいた。クライアントの名前を見ると、某ベンチャー企業。偶然にも、私が昨年まで勤めていた会社の取引先で、数年前に一緒に仕事をさせていただいたことがある。ある業界の、特定分野で高度なスキルと経験を持つ若い人たちが立ち上げた会社で、数年前に仕事でお付き合いした時には、いかにも起業家らしい彼らからほとばしるエネルギーが小気味良かった。その後、順調に業績を伸ばしてきたようだ。なんだか嬉しい再会。

マニュアルは、そのソフトウェア・ツールを開発したインド人技術者が英語で書いたもので、それを日本の顧客向けに日本語化するのが今回の仕事。かなり前からインド人IT技術者が世界中でひっぱりだこだが、これも一例だ。

実用文書であることと、執筆者が非ネイティブ・スピーカーということで、文章は平易で短く、翻訳作業そのものは楽なのだが、ページ数のボリューム感に圧倒されてしまった。
[PR]
by bonnjour | 2005-07-15 00:25 | 暮らす
7月&8月は、テレビも夏休み?

日曜の晩に相棒がいつも「TV 5」(フランスの海外向け公共放送)で見ているトーク番組がある。司会者が人気者だそうで、日本でいえばたぶん一昔前の久米宏といったところか。

ところが今日は珍しく、その番組を見ていない。後で「今日は見なかったの?」と聞いたら、7月と8月はバカンス・シーズンなので、テレビも特別編成になり、そのトーク番組は9月まで休暇に入るのだそうだ。相棒いわく、夏休みシーズンは視聴者が保養先に出かけてしまうので、あまり熱心にテレビを見ない。だから、かわりに夏休み向け番組(ということは、手を抜いて適当に季節感を織り込んだ低予算番組か?)を放送するという。まあ、都合のよいことに夏場はツール・ド・フランスなど恒例のスポーツ・イベントがあるので、その中継がレギュラー番組にとってかわるようだ。

日本のプライムタイムのニュース番組でも、有名キャスターが1週間ほど夏休みを取るのは恒例のようだが、人気司会者が2ヶ月も夏休みを取るとは、さすがバカンス大国フランスと感心半分、あきれ半分の心地だった。

テレビはもとより、経済活動全般が夏休みモードに突入する2ヶ月間。お盆くらいしか休まない日本の常識で通常と同じサービス・レベルを期待するとストレスがたまりそうだ。郷に入っては郷に従え、といわれても、修行がいりそうだ。
[PR]
by bonnjour | 2005-07-10 00:24 | 暮らす
はじめてのおつかい
はじめてのおつかい。といっても子供でなく、相棒である。
c0163963_024049.jpg
洗濯用洗剤がなくなったので、相棒の勤め先の近くにある大きなドラッグストア「dm」のプライベート・ブランドの洗剤を買ってきてもらうよう頼んだ。ここのプライベート・ブランドの商品は、品質は同じでスーパーの商品の半額くらいの値段で買えるので、洗剤、ハンドクリーム、ボディソープなど、うちはdmマークだらけだ。

で、相棒が買ってきたのは「洗濯用柔軟材」(Weichspuler)。あれほど「洗濯用洗剤」(Waschmittel)を買ってきてね、といって紙に書いて渡したのに!相棒はドイツ語が一切、わからない。今の仕事場は英語が共通語なのでドイツ語を習う気もない。ということで、一目瞭然の生鮮食料品以外の、ラベルを読む必要のある「おつかい」は、要注意だ。

次回のおつかいでは、なんとか成功してもらいたいものである。
[PR]
by bonnjour | 2005-07-05 00:23 | 暮らす
いわしの塩焼きに感涙
c0163963_0223524.jpgこの週末はフランスの相棒の実家に滞在している。毎日、よい天気が続いている。夏場は家の中が暑いので(フランスで大成功したダイキンのエアコンも、ここにはまだ進出していないようだ)、食事は庭のテラスで取る。雨の少ない地中海地域ならではの習慣だろう。

今日のメインは、鰯の塩焼き。家の中で焼くと煙がすごいので、バーベキューセットを使って庭で料理する。ドイツでは、鰯や鯵、鯖の類の青魚(生)は全くといってよいほど手に入らないので、こういう機会に食べ貯めをしなくては。

鰯に塩をふって焼き、レモンをかけただけのシンプルな料理だが、久しぶりの「居酒屋の味」に大満足した。あとは、もずく酢と美味しい吟醸酒があれば言うことなしなのだが...欲張りはやめよう。

背骨まで食べて、皆をあきれさせた。
[PR]
by bonnjour | 2005-07-02 00:21 | 旅する