B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
<   2007年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
今日も晴天
南仏でも海岸線からそう遠くない(といっても港町マルセイユまで車で1時間かかる)この辺は、冬でも天気が良い。冬とは思えない青空が広がり、東京のお正月頃とよく似た気候だ。
c0163963_21283285.jpg

実は私は墓地マニア。旅行をすると現地の墓地に立ち寄るのが好きだ。青山墓地に多磨墓地、横浜や函館の外人墓地、ミラノ中央墓地(墓石が芸術)、ベネチアのサンミケーレ島(まるごとが墓地になっている小島)、シンガポールの教会構内にあったアルメニア人墓地、そしてもちろんボンとミュンスターの共同墓地など、思い出に残る場所は多い。富裕層の豪華なお墓の墓石アートを鑑賞したり、見知らぬ人の墓石に刻まれた生没年に人生のドラマを感じたり、地域によって違う様式や風習に感心したり。
c0163963_21284876.jpg


ということで相棒の実家のお墓のある、地元の墓地に行く。見慣れたドイツの墓地と違い、地面の上に直接石碑が立っているのでなく、まず巨大な石室があって、その上に石碑が鎮座しているのが珍しい。そして故人の名前は写真立てとよく似た大きさと形状を持つ物体(これはいったい何と呼んだらいいのだろう)に、「大好きなママンへ、子供一同」といった献辞とともに一人ずつ記載され、石室の上に置かれている。こんなの初めて。写真立て状の物体は固定されていないが、誰かに持っていかれる心配はないのだろうか。
[PR]
by BONNJOUR | 2007-12-29 21:26 | 旅する
マルセイユの路面電車
今年からマルセイユに路面電車が登場した。
c0163963_21311274.jpg
ヨーロッパの各所で路面電車が環境にやさしい乗り物として再評価されている。

とはいえ、従来の大通りに新たに軌道を設けたので、今までの自動車で通行可能だった場所が進入禁止になったり、車道の道幅が狭くなったりして、それはそれで交通渋滞を招きそう。あるいは、わざと自動車が通りにくいようにしてドライバーを敬遠させ、交通量を減らす作戦かもしれない。

マルセイユのクリスマス市は新年までやっていて、ちょっと嬉しい。
c0163963_21315690.jpg

さすが南国。冬でもなんだか夏のイメージが消えないマルセイユ旧港。
c0163963_21322117.jpg

[PR]
by BONNJOUR | 2007-12-28 21:29 | 旅する
親戚が集まってクリスマスイブ
相棒の実家に親戚が集まり、総勢10人でクリスマスイブのディナーを開く。
今日のディナーから始まって、明日は同じメンバーで昼と夜に御馳走を食べまくるという、胃袋耐久レースの始まりだ。c0163963_21502285.jpg


フォアグラやパテ、パイ皮に詰めた魚介類のクリーム煮など、カロリーの高そうなものが並び、自分の肝臓がフォアグラ化していく感じがする。クリスマスが終わったら粗食にしよう...。 相棒の、年の離れたイトコであるセドリック(12歳)とバチスト(6歳)というのが、フランス風美人の母親とイタリア系の濃い顔をした父親の遺伝子がほどよく混じって西洋名画に出てくるような可愛い顔(右に挙げた、スペインの画家ムリーリョの作品みたいなルックス)をしている上に、礼儀正しい子供たちなので、毎年クリスマスに会うのが楽しみだ。
c0163963_22115319.jpg

去年まではお子様テーブルが別に設けられて、そこに押し込められていたが、今回は総勢の人数が少なかったので大人と同じテーブルについた。大人の会話を邪魔したり周囲を走り回ったりせず、おとなしく座っているのには感心する。ヨーロッパでは犬と子供の躾は厳しいというが、その通りみたい。

今年はクリスマス・プレゼントに、それぞれ子供用手品セットとスポーツ用具をクリスマス・プレゼントにもらい、大喜び。セドリック少年(名前が「小公子」だ!)が、さっそく手品を披露してくれたので、大げさに驚いてみせてあげました。
[PR]
by BONNJOUR | 2007-12-24 22:09 | 旅する