B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
<   2008年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧
アパートの契約延長
今いるアパートの持ち主であるLさん(女性)は北京に語学留学中で、その間の留守宅を我々は7月末までの約束で「居抜き」でお借りしているのだが、そのLさんからメールが入り、北京滞在を延長することにしたので、私たちさえよければアパートの契約を延長したいとのこと。

やったー。 この物件は、中央駅から徒歩5分なのに閑静な住宅街という抜群のロケーションといい、洒落たインテリアといい、物価高のデンマークにしてはかなりリーズナブルな家賃設定といい、かなり気に入っていて、できれば長居したかったのだ。さっそく契約延長の手続きに入ることにした。

とはいえ、どんな物件にも一つや二つ、短所がある。このアパートの場合はバスルームで、トイレと同じ小さな部屋の片隅にシャワーが付いているだけという簡素なもの。日本人がこだわる「湯船」なんてとても望めない。

シャワーを浴びると、この小さな部屋の床が水浸しになり、それを毎回ワイパーで排水溝に流しこんで床を乾燥させるという儀式が必要となる。

とりわけ相棒は朝と晩に必ずシャワーを浴びるという反エコな習慣を持っているので(フランス人の風呂嫌いは、土地柄汗をかくことの多い南仏人には当てはまらないようである)、床の排水作業に1日20分くらいは費やしていることになる。積もり積もれば馬鹿にならない時間の無駄遣いという気もする。c0163963_2319815.jpg
[PR]
by BONNJOUR | 2008-05-20 22:56 | 暮らす