B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
<   2009年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧
夏休み帰省日記 その5 空振りに終わった魚介類のマーケット
肉食を避ける習慣のある金曜日に、隣町では魚介類のマーケットが立つ。そのマーケットで新鮮なシーフードを仕入れようと出かけたのだが、到着したのが遅かったこともあって、目ぼしい品物は残っておらず、空振りに終わった。

↓ ふてくされたように氷のベッドに横たわる、売れ残りの魚たち。
c0163963_60296.jpg


かわりにスーパーで牡蠣とツブ貝、海老を仕入れてシーフードの昼食。
c0163963_5582661.jpg


c0163963_5584586.jpg

c0163963_559578.jpg


[PR]
by bonnjour | 2009-08-07 05:51 | 旅する
夏休み帰省日記 その4 蝉の鳴く森で川遊び
c0163963_5313444.jpg


アンチョビ、ニンニク、オリーブ油等で作ったソースを生野菜に添えた料理、アンショイヤード(Anchoïade)の昼食の後、近所の森に川遊びに行く。

流れが急で水が澄んでいるので、川遊びもできる。森の中に入ると、この地方特有の蝉がさかんに鳴いている。
c0163963_538770.jpg


c0163963_5371872.jpg

森の中の風景は、ちょっとこのCD ↓ のジャケットを思い出してしまった。
c0163963_5484899.jpg

水辺で見つけた、きれいな瑠璃色をしたトンボ。
c0163963_5422282.jpg



【ご参考】
南フランスの蝉はこんな鳴き声だ。

[PR]
by bonnjour | 2009-08-06 05:19 | 旅する
夏休み帰省日記 その3 イエールで海水浴をしそこねる
c0163963_1933225.jpg


地中海に面したビーチ・リゾート、イエール(Hyeres)に行く。相棒の実家からは車で1時間ほど。現地のレストランで昼食を食べてから適当な所に車を停め、海水浴をするという計画だったが、海岸沿いの駐車場はどこも満車で海に入るのは断念する。

砂浜が黒っぽいせいか海水が濁ってみえて、今ひとつ水に入るのに気が進まなかったので海水浴ができなくてもさほど心残りはなかった。

昼食は海沿いのレストランで頂く。3コースで19ユーロ90の定食がお値打ち品で美味しかった。
c0163963_193322.jpg



前菜はズワイガニの親戚みたいなやつのマヨネーズ添えを頼む。ウェイトレスさんが「殻を割るのが大変だから、食べるのに45分くらいかかりますけど」と警告してくれたが、食欲には勝てなかった。30分でみごと完食。
c0163963_1955257.jpg


カニ味噌がたっぷり入っていて、日本人にはヨダレもの。
c0163963_196404.jpg



メインはエイのグリル。漁港直送なのか、新鮮であっさりした味。付け合わせのラタトゥイユが南仏らしい。
c0163963_1985030.jpg



デザートはカスタードに泡立てた卵白を浮かべた「Îles flottantes:"浮島"」。ビストロの定食などによく登場するやつだ。
c0163963_19132478.jpg



お金持ちの方々の豪華ヨットを横目で見ながら港を散歩。
c0163963_1929054.jpg


帰途には港町トゥーロンの大型書店&レコード店fnacで、かねて予約済みのコンサートのチケット ↓ を発券してもらい、ニコニコ顔の私であった。
c0163963_19172285.jpg


[PR]
by bonnjour | 2009-08-05 18:53 | 旅する
夏休み帰省日記 その2 地元のマーケット
相棒の実家のある村で毎週火曜日に開かれるマーケット。地元で採れた野菜や果物、肉製品、雑貨などの店が並ぶ。
c0163963_18472011.jpg



この村は、フランス第2の都市マルセイユから車で1時間ほど内陸部に入った人口3000人足らずののどかな集落だが、企業の保養所があったりして、一応リゾート地のような性格も持つ。そのせいか、オランダのナンバープレートを付けた車を発見した。太陽を求めて、こんな辺鄙な所(失礼!)まで来ちゃったんだろうか。
[PR]
by bonnjour | 2009-08-04 18:46 | 旅する
夏休み帰省日記 その1 「レゴ空港」からエディンバラを経由してプロヴァンスに
南仏の相棒の実家に1週間の帰省をする。まずはバスで1時間半のビルン空港(レゴランドの近くにあるので私は勝手に「レゴ空港」と呼んでいる)からRyanairでエディンバラ空港に。そこでマルセイユ行きに乗り継ぐ。距離を考えるととんでもなく無駄なルートだが、直行便がないので安い乗り継ぎ便を探したらこんなルートになってしまった。

レゴ空港の売店。さすが...。
c0163963_1871189.jpg



イギリスはシェンゲン協定に加盟していないため、デンマークからエディンバラ空港に到着すると入国審査がある。今回は乗り継ぎだけなのだが、パスポートに入国のスタンプが押された。先月のエディンバラ旅行で押された入国スタンプの真下に新しいスタンプが押され、ちょっと怪しいパスポートになってしまった。

c0163963_2151771.jpg


飛行機から見下ろしたマルセイユ市街。写真の左下が多数のヨットが停泊する旧港。街全体を覆う、南仏特有の赤茶色のトーンが印象的だ。
c0163963_18432057.jpg


写真を拡大すると、マルセイユのシンボル、ノートルダム・ド・ラ・ガルド寺院も見える。
c0163963_1835438.jpg

[PR]
by bonnjour | 2009-08-03 17:57 | 旅する