B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
<   2013年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ウィーン旅日記 - ファジョーリのAlto Gioveで失神の三歩手前
ウィーンに来た目的である、ニコラ・ポルポラ作のオペラ「ポリフェーモ」(演奏会形式)を、金曜日の晩にアン・デア・ウィーン劇場で聴いた。ここは、モーツアルトの「魔笛」の台本作者で俳優、興行師でもあったエマヌエル・シカネーダーが設立した歴史ある劇場。近年では専らミュージカルを上演する劇場だったが、2006年に「新しいオペラハウス」というキャッチフレーズで再びオペラ劇場に生まれ変わった。

さて、劇場に近づくと今日の演目のポスターが見える。
c0163963_10323320.jpg


「Franco Fagioli in
POLIFEMO」
とある。すごいな。彼が看板役者(じゃなくて歌手か)として興行を背負って立ってる感じが伝わってくる。
c0163963_1032535.jpg



【作品について】
イタリア後期バロックの作曲家ニコラ・ポルポラ(1686-1768)がパオロ・アントニオ・ロッリの台本に基づいて作曲し、1735年に初演されたパストラル・オペラ。ストーリーは、「オデュッセイア」と、オウィディウスの「メタモルポーセース(変身物語)」にあるアチス(アチ)とガラテアの話を組み合わせている。タイトルの「ポリフェーモ」は、美青年アチと相愛の仲にあるガラテアに横恋慕する単眼の巨人。初演時には、当時の超人気カストラートであるファリネッリがアチ役、同じくセネジーノがウリッセ(ユリシーズ)役を歌った。

Cast:
Aci - Franco Fagioli (CT)
Galatea - Laura Aikin (S)
Ulisse - Xavier Sabata (CT)
Polifemo - Christian Senn (BT)
Calipso - Mary-Ellen Nesi (MS)
Nerea - Hannah Herfurtner (S)

Bach Consort Wien
Conductor: Ruben Dubrovsky

さて、この晩の歌唱だが、アチ役のフランコ・ファジョーリが飛び抜けて光っていた。「神は一人、ファリネッリも一人」と称えられたカリスマ・カストラートのために書かれた役だから、聴かせどころのアリアが割り当てられていて歌い甲斐のある役ではあるのだが、それを差し引いても、彼の声質、発声法、表現力は他の歌手たち(彼らも、それぞれに美点のある音楽家なのだが)を大きく引き離している。

例えば1幕目のアチのアリア「Dolci fresche aurette」での、クリームのようにまろやかで密度の濃い声。ファジョーリはインタビューで自分の声をメゾ・ソプラノだと説明しているが、メゾの声質の中に男性的なトーンが一本通っていて、それがこの作品のような青年役にはうってつけである。(ちょうど1年前、ファジョーリがカールスルーエで歌った同じアリアの音源を、下に貼り付けておく。)



2幕目のアリア「Lusingato dalla speme」では、バロック・オーボエとファジョーリの声がからむのが、まるで上質な織物に触れているようで、至福の瞬間だった。そこで気がついたのだが、オーボエの音色と彼の声は、どこか共通点があるのじゃなかろうか。

そしてこのオペラで一番有名なアリアであろう「Alto Giove」。フィリップ・ジャルスキーがこのアリアを得意にしていて、彼のsignature songともいえるのだが、ファジョーリは、この曲に新しい基準を与えたと思った。この二人の歌手は、まったく違った声質の持ち主ゆえ、透明度の高いジャルスキーの歌唱では天に向かって登るようなイメージ、ファジョーリ版はもう少し濃密で重力が感じられて、大気圏を漂っているイメージといえばよいか(なんのこっちゃか?)。このアリアではダ・カーポの装飾音が大変に興味深かった。装飾音によって上の音域を延ばすばかりでなく、下の音域に降りていき、ファジョーリの特質である力強く厚みのある胸声を聴かせてくれるのだ。驚くのは、彼の胸声と頭声の切り替えがごく自然で、音色にまったく差がないことだ。彼の発声法については、英国のオペラ雑誌「Opera Now」に載った、彼のインタビュー記事が参考になる。記事の和訳はこちら

ダ・カーポ部分の「Alto Giove」という、長い長いパッセージを聴いて、私は失神の3歩くらい手前までいったことを告白しておきたい。

さて、他の歌手についての感想。

ウリッセ役を熱演したシャビエル・サバタは、安定感のある歌唱で安心して聴いていられる。最近、コンセプト・アルバムの「Bad Guys」を出して好評を博している彼だから、次は悪役で聴いてみたいかな。

ポリフェーモを歌ったバリトンのクリスチャン・センは、一手に低音部を担う重要な役割。歌唱に加えて、酔っ払うくだりの演技はユーモラスで観客が沸いた。

女性歌手陣では、ネレア役のハンナ・ハーフルトナーが、出番は少ないものの、クリスタルのように透明な声で光っていた。それに対して、肝心のガラテア役のローラ・エイキンは、私には声に魅力が感じられず少々興醒めだった。ガラテアとアチとの二重唱は、二人の歌手の資質の差を見せつけられるようで、彼女に気の毒な気がしたほどだ。カリプソのマリー・エレン・ネジは、とても実力のある歌手。低音歌手が好きな私には目が離せない。

c0163963_10331341.jpg

↑ カーテンコール。左からマリー・エレン・ネジ、シャビエ・サバタ、クリスチャン・セン、指揮のルベン・ドゥブロフスキー、フランコ・ファジョーリ、ローラ・エイキン、ハンナ・ハーフルトナー。

サイン会はなかったが、現地在住が長く、音楽関係者に知り合いの多いTさんが同行していたので、彼女が親切にも楽屋口まで連れていってくれた。そこで待つことしばし、オケのメンバーの後から歌手陣が次々と出てきた。ファジョーリ氏は一番最後。出てくるやいなや、沢山のファンに囲まれているのは、さすが人気者である。ナンシー歌劇場で「アルタセルセ」に出演したあなたを聴いて大変に感動したが、今晩の歌唱もそれに負けず劣らず素晴らしかった、と言ったら、作品そのものがとても優れているんだ、との答え。なんと謙虚な。それに、舞台の上で盛大なブラボーを受けているときも、オケにも拍手を送ってほしいという身振りをして、そうしたステージマナーがまた観客を魅了するのである。歌っているときは神がかっていたファジョーリだが、オフステージではフレンドリーで感じのいい、どこにでもいそうな青年というギャップが、またよかった。
c0163963_10333222.jpg

↑ 彼の出演したロッシーニのオペラDVD「パルミーラのアウレリアーノ」を持参してサインしてもらっちゃった。
[PR]
by bonnjour | 2013-02-22 10:32 | 聴く&観る
ウィーン旅日記 - ボッシュの地獄絵、「赤いウィーン」の巨大集合住宅、ワイン居酒屋
c0163963_9392336.jpg

ウィーン旧市街の中心部、シュテファン寺院に近い、家族経営のレトロなペンションでぐっすり眠った。この宿は、約20年前にも泊まったが、当時と内装がほとんど変わっていないようだ。インテリアも設備もレトロだが、リネン類はぴしっとアイロンがかかって清潔で、ベッドのマットレスが日本人好みに程よく硬いので(イタリアあたりの柔らかいマットレスは腰が痛くなるのでダメだ)快適に滞在できる。部屋に冷蔵庫がないのが難だが、二重窓の隙間の空間がちょうどよい具合に天然の冷蔵庫として機能するのを発見し、スーパーで買ったワインを置いてみたら美味しく飲めた。無線LANが使い放題で無料というのも嬉しい。国立歌劇場からは歩行者天国のケルントナー通りを通って徒歩で帰れるので、低予算でオペラの旅をするならもってこいの宿だ。

さてウィーン2日目。午前中は造形美術アカデミーの付属絵画館でヒエロニムス・ボッシュの「最後の審判」(下の写真)を鑑賞。このアカデミーは、画家志望だった青年ヒットラーが入学試験に2度落ちて、後に独裁者になると逆恨みからアカデミー関係者を弾圧したという因縁の場所。絵画館の所蔵品はボッシュの他にクラナッハ父、17世紀フランドル絵画(ルーベンス、ファン・ダイク、レンブラント)、イタリアとオーストリアのバロック絵画など。ボッシュのファンタジーにあふれる怪物の図像を見ているうちに、どんどん時間が過ぎていくのであった。

c0163963_1011217.jpg

ボッシュの後は、ウィーンに長く住んでおられる日本人女性のTさんと、バルカン半島(セルビア)料理のレストランでランチ。拙ブログにコメントをくださったことで知り合ったTさんは音楽、とりわけ古楽ファンで、現地の音楽関係者のお知り合いも多いので、とても興味深い話をお聞きすることができた。金曜日のアン・デア・ウィーン劇場「ポリフェーモ」にもいらっしゃるので、楽しみだ。

ランチの後、地下鉄でハイリゲンシュタットに出る。かつてベートーベンが住み、難聴に絶望して遺書を書いたことで有名になった場所だが、私の目的はベートーベンゆかりの地めぐりではなく、1927年に竣工した巨大な集合住宅、カール・マルクス・ホーフだ。

c0163963_10342454.jpg

カール・マルクスの名前が付けられている通り、この建物は第一次世界大戦後、ハプスブルク家の支配に代わって社会主義政権が市政を担った「赤いウィーン」時代の代表的な市営住宅だ。設計は、オットー・ヴァグナーの弟子のカール・エーン。時代背景としては、旧ハプスブルク帝国領からウィーンに移住した労働者たちのために、低料金で健康的な住宅を大量に供給する必要があり、市内各地に多数の市営住宅が建設された。

地下鉄4番線終点のハイリゲンシュタット駅を降りると、目の前に城壁のような建物がでーんと現れる。それがカール・マルクス・ホーフだ。細長い敷地に高層住宅が連続的に建てられており、全長は1km、世帯数は1,382にもなる。まだ現役の住宅なので内部の見学はできないが、外観を見るだけでも大変な迫力だ。住居だけでなく、幼稚園や図書館、歯科診察室などサービス施設も併設して、小さな都市のような機能を備えていたという。しかし、社会主義の理想を求めた「赤いウィーン」は、1938年のナチス・ドイツによるオーストリア併合で終焉を迎えたのだった。

c0163963_1194731.jpg

デザインは表現主義。住宅としては味気ない感じもするが、造形的にはとても美しい。写真を撮りながら、見とれてしまった。
c0163963_1111314.jpg


c0163963_111127100.jpg

c0163963_11115468.jpg


巨大団地の見学の後は、ワイン産地であるグリンツィング地区まで散歩(30分くらい歩いたか)。途中で見つけた自家醸造のワインを飲ませる居酒屋で、250ミリリットル、2ユーロ60という超リーズナブル価格の新酒白ワインを味わったのであった。
c0163963_11142199.jpg


c0163963_11143689.jpg


c0163963_1114513.jpg


[PR]
by bonnjour | 2013-02-21 09:36 | 旅する
ウィーン旅日記 - 初日は「男の裸」展を見に行く
どうやら約10年おきにウィーンに行きたくなるようで、今年がその周期。というか、アン・デア・ウィーン劇場でニコラ・ポルポラ作「ポリフェーモ」の演奏会形式上演があり、そこにフランコ・ファジョーリとシャビエ・サバタという、今とても勢いのあるカウンターテナーたちが出るというので、それに引っ張られて旅行を決めた。行くことを決めてしまえば、コンサート以外にも見たいもの、行きたい場所が沢山あって目移りしてしまうのが、かつての大帝国の首都ウィーンの偉大なところだ。

水曜日の昼すぎに現地に到着して金曜の夜にコンサート、そして土曜日の午後に現地を発つ3泊4日の旅。到着して早々に、まずはこちらの話題の展覧会に駆けつけた。

c0163963_847100.jpg

レオポルド美術館で昨年10月からロングラン中の「裸の男たち 1800年から現在まで」展。美術の歴史の中では女性の裸体像の影に隠れていまひとつ光が当たることが少ない男性の裸体をテーマにした、意欲的な企画だ。街中に貼られたポスター(下の写真)の無修正の股間に市民からクレームが入って、その部分を隠すことにした(でも剥がされちゃうのだからあまり意味がない)というエピソードや、ヌーディスト向けに全裸で作品を鑑賞できる特別企画(閉館後の一般入場者がいない時間帯である)を設けたりというニュースが先走って、キワモノ的に思われるかもしれないが、「なぜ男性ヌードはマイナーな存在として扱われてきたのか」という問題意識に取り組んだ、大変に真面目な展覧会である。この企画のヒットのおかげで来場者が前年比で大幅アップしているそうで、喜ばしい限りだ。

c0163963_8254613.jpg
↑ 市民からクレームが入ったという展覧会ポスター。クレームに対応して急遽、股間を隠したのに、誰かのイタズラで元の木阿弥に。この肉体美を披露する3人のサッカー選手のヌードはフランスの写真家2人組、「ピエールとジル」の作品だ。ゲイ・テイストの濃い、人工的に作りこんだ彼らの作品は以前から好きなので、無修正のやつを展覧会でじっくりと鑑賞させてもらった。

他に面白かったのは、女性の美術家による男性ヌードを集めたコーナー。男の裸を見る視点が違うのだ。とはいえ、ここに登場する女性美術家は20世紀以降の人々で、それ以前の時代には女性は美術学校に入学が許されなかったという(理由は男性ヌードのデッサンがカリキュラムに入っているから)。そんな男性中心の世界では、女性ヌードを美の理想として盛んに画題に取り上げ、男の裸は脇に追いやられたのも、無理はないだろう。

折しも日本では、島根県で地元出身の篤志家が町に寄付したミケランジェロのダビデ像レプリカが、局部丸出しなので市民を当惑させている、パンツを履かせろという声まで上がっている、というニュースが流れていた。ヨーロッパで公共のスペースに股間丸出しの写真はまずくても、ダビデ像のような彫刻のリアルな股間というのは芸術として受け入れられている。男性裸体に対する、文化圏による反応の違いというのはまことに面白い。

余談ながら、日本の美術界における男性の裸体と股間表現の歴史と葛藤については、木下 直之・著、「股間若衆: 男の裸は芸術か」という痛快な本(下の写真)がある。

c0163963_922213.jpg
[PR]
by bonnjour | 2013-02-20 07:47 | 旅する
パリ郊外にやってきた
連れ合いが4月半ばまでパリ郊外に滞在しているので、合流するため日曜日にパリに着いた。滞在先は、Institut des Hautes Études Scientifiques(IHÉS)という数学と理論物理学の研究所で、所在地はパリ郊外といってもエソンヌ県という別の自治体に属する。パリ中心部から郊外列車に乗って40分ほどの田園地帯で、印象としては都内から下り電車に乗り、秩父あたりの小さな村に迷い込んだみたい。滞在者は研究所に付属する宿舎に入居できるので、宿探しや生活用品持ち込みの面倒がないのは有難い。1年ほど前にも滞在したことがあるので、勝手が分かっているといえばそうだが、今回はちょっとした違いが…。

↓ 1年前に滞在した部屋。山小屋風というかイケア風な素朴なインテリア。
c0163963_1225525.jpg

↓ 今回あてがわれた部屋。上記と同じ建物にあって床面積は同じだが、中国家具と螺鈿細工の壁絵が存在感を主張するオリエンタル趣味の部屋。香港あたりのホテルにいるような気持ちになってくる。
c0163963_1235134.jpg

なぜか、私たちが入居した部屋だけ最近改装を行い、高価な中国家具を入れたのだという。それで、連れ合いが到着したときには施設管理担当者が立ち会って、家具のチェックを行った。出て行くときに傷がついていたら弁償しなくてはならないということで、たかが机ひとつ使うにも、おっかなびっくりである。

↓ 居室は豪華仕様の改装を施されたものの、ダイニングは取り残されたように素朴なままだ。そして前回滞在した部屋には4つ口のコンロと大型オーブンが備え付けられた立派な台所があったのに、この部屋ときたら、2つ口コンロの簡易キッチンでオーブンがない。美味しい食材の宝庫フランスに来て、この装備は…ちょっと悲しい。いや、立派なホテル風の部屋をあてがわれたのだから、感謝しなくちゃいけないが。
c0163963_14085.jpg


↓ 最寄り駅の駅前にある教会。右側の石碑は、二度の世界大戦で戦死した地元出身者を顕彰するモニュメント。
c0163963_146429.jpg



↓ ご近所は、こんな風景。ヤドリギの生えた木を見ると、北国に来た感じがする。
c0163963_1513024.jpg

[PR]
by bonnjour | 2013-02-05 00:54 | 暮らす