B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
韓国食品店を発見
海外に来て真っ先に恋しくなるのは日本で普通に食べていた食品だ。で、ボン市内の中華系・南アジア系の食品店を色々と探索しているのだが、今日はついに韓国食品店を発見した。噂に聞いていた「日本米と同じような味で価格は低廉」の韓国米もあるではないか!嬉しくなって5キロ入りを買う。c0163963_22121514.jpg


おや、キムチもあるぞ。豆腐も、ドイツの自然食料品店で売ってるやつの半額だ。ああ、日本のフリカケまである(私はフリカケ・マニア)。感涙、感涙。

というわけで、色々と買い込んでしまった。店主は初老の韓国人夫妻。お互い、借り物の言葉であるドイツ語(私はカタコト)で言葉をかわしたが、こんなとき、 NHKのハングル講座でちょっとは韓国語をやっておけばよかったと悔やまれる。カタコトでも韓国語で会話したら、心の距離が少しは縮まるのではないかと思う。

写真は今日みつけた韓国食品店の外観。「食堂」という漢字をドイツ語だらけの街で見つけた時は、古い友人にバッタリ出会ったようで嬉しかった。
[PR]
by bonnjour | 2005-01-11 22:11 | 暮らす